2024年7月最新!口座振替・引き落としで契約可能なWiMAXのおすすめプロバイダ

2024年7月最新!口座振替・引き落としで契約可能なWiMAXのおすすめプロバイダ
当ページは広告を含みます

口座振替で契約可能なおすすめWiMAXプロバイダ(UQ WiMAX・Broad WiMAX・BIGLOBE WiMAX比較)

ポケット型WiFi・WiMAXの契約で重要な月額利用料金の支払い方法。クレジットカードがあればWEBで申し込みできますが、クレジットカードがない場合も口座振替や銀行引き落としでWiMAXの契約や利用料金の支払いは可能です。
 
ただし、口座振替・銀行引き落としの料金支払い方法に対応可能なWiMAXプロバイダは一部で、多くの情報サイトが掲載するWiMAX月額利用料金もクレジットカード支払い前提の料金プラン。口座振替の場合は適用対象外のキャンペーンもあり、契約前に口座振替の場合の費用の確認や比較がおすすめです。
 
このページでは支払い方法が銀行の口座振替・引き落としの場合を前提に、WiMAX契約時の注意事項や支払い方法が口座振替の場合のプロバイダの2024年7月最新料金やキャッシュバックなどのキャンペーンを比較、口座振替で契約可能なおすすめWiMAXプロバイダ3社の紹介まで、口座振替・引き落としでの契約に必要な手順や流れを徹底解説します!

コンテンツ

WiMAXの料金支払い方法を口座振替・銀行引き落としにするには

口座振替とは、銀行などの金融機関が預金者の依頼で口座からお金を引き落とし、支払先企業の口座に振り込む手続きで金融機関が提供するサービスの1つ。事前登録すれば毎月指定額を自動で振り替えるため「自動引き落とし」とも呼ばれます。
 
WiMAXの月額料金の支払い方法はクレジットカードが主流ですが、一部プロバイダは口座振替・銀行引き落としでWiMAXの料金支払いが可能。このため支払い方法を口座振替・銀行引き落としにするには、対応したプロバイダでのWiMAXの契約が必要です。

ちなみに口座振替と口座振込の違いですが、振替は銀行がある口座から別口座に預金を振り替える行為。比較して、振込は自分自身で自分の口座預金や現金を口座に振り込む行為。銀行に依頼するのが口座振替、自分でするのが口座振込です。

UQ WiMAXを口座振替で契約する場合の申し込みの流れ

UQ WiMAXで、WiMAXの料金支払い方法を口座振替(自動引き落とし)にして契約・申し込みする場合の手続きの流れは以下で、UQ WiMAX以外の口座振替に対応可能なプロバイダ(Broad WiMAXやBIGLOBE WiMAX)でも同様です。

  1. UQ WiMAXの公式WEBサイトでWiMAX月額利用料金の支払い方法を「口座振替」で申し込み
  2. 必要書類(本人確認書類)をスキャンまたは撮影し、WEBサイトにアップロード(または郵送)
  3. 加入審査開始、審査完了後にWiMAXルーター端末が発送
  4. 「預金口座振替依頼書」が届いた場合は、必要事項に記入して返送(WEB手続きも可能)
  5. 手続き完了後、口座振替でWiMAX月額利用料金の支払い開始(手続き完了までの期間はUQから送られる請求書でコンビニ等で支払い

支払い方法がクレジットカードの場合と比較して必要な手続きが多く、WiMAXの申し込みに時間がかかる(通常1~2週間)のが口座振替です。

UQ WiMAXの口座振替手続きで利用可能な主な金融機関の一覧

UQ WiMAXの口座振替・引き落としで利用可能な主な金融機関の一覧は下記の通りで、WEBで口座振替手続きを行えば翌月から引き落としによる支払いが可能です(出典:WEBでの口座振替手続きについて/UQ WiMAX公式サイト)。

三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、ゆうちょ銀行、地方銀行、信用金庫、その他の銀行

次に支払い方法を口座振替でWiMAXを契約するメリットや注意事項を紹介します。

クレジットカード決済不要のメリットと契約前に確認がおすすめの注意事項

WiMAXの契約で月額料金の支払い方法を口座振替・銀行引き落としにできるメリットはクレジットカードなしでWiMAXを契約できる点で、クレジットカードがない、WiMAXの支払い決済に使いたくない場合、口座振替の支払い方法に対応可能なWiMAXプロバイダの契約がおすすめ
 
ただし、WiMAXの月額利用料金を口座振替や銀行の自動引き落としで支払う場合、以下の4点に注意が必要で、契約前に確認がおすすめです。

他の支払い方法と比較して口座振替はWiMAX契約時に本人確認書類が必要

本人確認書類の例(UQ WiMAX)
UQ WiMAXの口座振替で必要な本人確認書類の例

口座振替の契約手続きの流れの通り、WiMAXの口座振替の利用には本人確認書類が必要。本人確認書類とは運転免許証やパスポート、住民基本台帳カード、健康保険証などの書類です。
 
これら書類(WiMAXプロバイダにより補助書類が必要な場合も)を、契約前にWiMAXプロバイダのWEBサイトへのアップロードや、メール送付が必要。クレジットカード支払いの場合は書類が必要なく、比較して手続きに手間や時間がかかるのが口座振替です。

口座振替の必要書類のスキャンや写真撮影ができない場合は郵送が必要。さらにWiMAXの申し込み手続きに時間が必要です。

加入審査が必要、WiMAXの利用までに日数・時間がかかる

BIGLOBE WiMAX・口座振替払いの手続きの流れ
BIGLOBE WiMAXで口座振替払いで契約する場合の流れ

本人確認書類をもとに各WiMAXプロバイダが加入審査をします。これは口座振替の支払い能力を確認する審査で、過去に公共料金を滞納した方などは注意が必要。早く審査が完了する場合もありますが1~2週間程度の時間がかかるのが一般的。クレジットカード申し込みと比較して、口座振替の場合はWiMAXの端末利用開始までに期間が必要です。

クレジットカード支払いなら即日端末発送のWiMAXプロバイダも

WiMAXの月額料金支払いがクレジットカードの場合は加入審査が不要で、契約・申し込みに時間がかからず端末の即日発送に対応するプロバイダも。届け先エリアにより、契約・申し込みの最短翌日にWiMAX端末を利用開始できる点が口座振替と比較してクレジットカード支払いのメリットです。

WiMAXの支払い方法は後で銀行引き落としに変更可能でおすすめ

口座振替・引き落とし対応のWiMAXプロバイダはUQ WiMAX、BIGLOBE WiMAX、Broad WiMAXの3社。各WiMAXプロバイダは端末の即日発送も可能なクレジットカード支払いで契約、利用開始後に銀行引き落としに支払い方法の変更も可能。まずは最速でWiMAXを利用開始できるクレジットカード払いで新規契約し、後で口座振替支払いへの変更もおすすめの方法です。

口座振替・銀行引き落としの審査落ちを防ぐには?

口座振替の審査に落ちるとWiMAXの契約が難しくなる上、審査落ちの履歴が残ります。審査落ちを防ぐには、未払いの支払いはWiMAXの審査手続き前に支払っておく、支払い能力の証明のために引き落とし対象の銀行口座の残高を確保する、などがおすすめです。

毎月請求される口座振替・引き落とし手数料に注意が必要

どのWiMAXプロバイダでも支払いが必要ですが、口座振替を選ぶと利用プランの月額料金に加えて口座振替手数料として毎月220円(税込)が請求・引き落としされる点に注意が必要。支払い方法がクレジットカードの場合と比較して、WiMAXの実質月額料金が上がる理由の1つが口座振替手数料です。

クレジットカード支払いと比較してキャンペーン適用に違いも

口座振替に対応可能なプロバイダが少なく、お得なキャッシュバックキャンペーンのあるWiMAXプロバイダと契約できない場合や、口座振替対応のプロバイダでもキャンペーン適用はクレジットカード払いのみの場合も。

例えば高額キャッシュバックキャンペーンでおすすめのGMOとくとくBBの場合、WiMAXの料金支払い方法はクレジットカードのみ。口座振替ではGMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンを利用できません。

また多くのWiMAX料金比較サイトはクレジットカード支払い前提のプラン料金情報を掲載、口座振替の場合の料金との違いも。当サイトでは、口座振替の場合のWiMAXの実質負担料金をキャッシュバックなどのキャンペーン適用や引き落とし手数料の費用も含めて再算出しました。以下、おすすめのWiMAXプロバイダで口座振替の場合にかかる費用を紹介します。

口座振替・引き落とし可能なおすすめWiMAXプロバイダ3社比較【2024年7月最新】

口座振替で契約できるWiMAXプロバイダおすすめ3社

WiMAXプロバイダの多くがクレジットカード支払いのみの対応で、2024年7月現在、口座振替・引き落とし支払いで申し込み可能なおすすめプロバイダはBIGLOBE WiMAX(ビッグローブ)、UQ WiMAX、Broad WiMAX(ブロードワイマックス)の3社
 
この3社の口座振替で、支払い用銀行口座の登録手順や振替手数料の違い、WiMAXのギガ放題プラスプラン契約の場合の2024年7月現在の最新料金・キャンペーン情報を比較します。

引き落とし口座の登録手順や必要書類、振替手数料の比較

口座振替・銀行引き落としに対応するWiMAXプロバイダ3社で、口座登録手順・必要書類の違いや振替手数料の比較が下記の表。いずれもWiMAXの契約申し込み後、口座振替に必要な書類を提出、審査完了後にルーター端末が発送される流れです。

おすすめWiMAXプロバイダ BIGLOBE WiMAX(ビッグローブ) UQ WiMAX Broad WiMAX(ブロードワイマックス)
BIGLOBE WiMAX UQ WiMAXのロゴ Broad WiMAX
口座登録手順や必要書類の提出方法 BIGLOBE WiMAX申し込み後、WEBで支払い方法登録手続き、または「支払方法登録申込書」を郵送 UQ WiMAX申し込み後、「預金口座振替依頼書」を郵送・FAX、WEB手続きも可能 Broad WiMAX新規申し込み後、口座振替・引き落としの必要書類をメールかFAXで提出
口座振替でのWiMAX契約時の必要書類 「支払方法登録申込書」の提出が必要 運転免許証/パスポート/住民基本台帳カード/健康保険証と補助書類など 運転免許証/健康保険証/パスポート/住民基本台帳カードなど
口座振替・引き落とし手数料(税込) 220円 220円 220円
WiMAX料金の振替日・引き落とし日 毎月26日 毎月26日 毎月27日または3日

※以前のUQ WiMAXは口座振替手数料が無料でしたが、2024年7月現在は他社WiMAXプロバイダと同様に220円の口座振替手数料が必要です。

通信回線や速度・対応エリアは同じで、実質月額料金やキャッシュバックなどのキャンペーン比較がおすすめ

口座振替対応のWiMAXプロバイダ3社の比較で、口座登録方法や必要な手続きに大きな違いはなく、利用する通信回線や速度、モバイルWiFiルーター端末やホームルーター端末、対応エリアなどWiMAXのサービス内容も同じ。どのサービスもWiMAX回線やauの5G・4G LTE回線を使うポケット型WiFi・通信サービスで違いはないのです。
 
つまり口座振替・銀行引き落とし支払いでWiMAXを契約する場合の比較ポイントは、月額料金やキャッシュバックなどのキャンペーン内容。以下、口座振替で契約する場合におすすめの各WiMAXプロバイダの総額費用や実質月額料金を比較します。

WiMAXプロバイダを口座振替で契約する場合の月額料金・キャンペーン比較

WiMAXの通信容量無制限・ギガ放題プラスプランを口座振替で契約、1年利用する場合の各プロバイダ料金を2024年7月の最新情報で比較します。また初期費用や毎月の口座振替・引き落とし手数料、キャッシュバックなどのキャンペーン特典も含むWiMAXの実質月額料金で比較、おすすめプロバイダがどこかを紹介します。

口座振替かつ通信容量無制限・ギガ放題プラスプランの場合のWiMAXの実質月額料金とキャンペーン(2024年7月)

2024年7月現在、口座振替に対応可能なWiMAXプロバイダ3社の通信容量無制限・ギガ放題プラスプラン料金や適用可能なキャンペーンを比較します。どのプロバイダもルーター最新機種の無料提供キャンペーンがなく新規契約時に端末購入費用が必要で、以前はUQ WiMAXの場合は口座振替手数料が無料でしたが現在はどのプロバイダでも口座振替手数料が必要です。

以下は支払い方法が口座振替、WiMAXのモバイルWiFiルーター最新端末Speed Wi-Fi 5G X12やホームルーター端末端末Speed WiFi HOME 5G L13を利用する場合に適用可能なキャッシュバックなどのキャンペーンや実質月額料金の比較表で、口座振替でWiMAXを契約するなら当サイト限定のキャッシュバックでUQ WiMAXやBroad WiMAXと比較して料金の安いBIGLOBE WiMAXがおすすめです!

おすすめWiMAXプロバイダ BIGLOBE WiMAX(ビッグローブ) UQ WiMAX Broad WiMAX(ブロードワイマックス)
ギガ放題プラスプランの月額料金(税込) 契約1ヶ月目:無料/2ヶ月目~25ヶ月目:3,773円/26ヶ月目以降:4,928円 契約1~12ヶ月目:4,268円/13ヶ月目以降:4,950円 契約1ヶ月目:1,397円/2ヶ月目以降:3,773円
WiMAX契約時のキャンペーン特典(口座振替の場合) 13,300円(申し込み手数料無料+現金1万円キャッシュバック) 19,800円キャッシュバック(端末割引)キャンペーン 当サイト・WiMAX比較ナビ限定!Amazonギフト券キャッシュバックキャンペーン
WiMAXの1年総額(ギガ放題プラス・税込) 56,894円
※ルーター端末購入費用27,720円含む(端末代金は契約時に一括払いが必要)
65,552円
※ルーター端末購入費用割引キャンペーン適用後
91,703円
※クレジットカード払いでは無料の初期費用20,743円が必要。またルーター端末購入費用31,680円含む
1年利用の場合の実質月額料金(ギガ放題プラス) 4,741円 5,463円 7,642円

キャッシュバックキャンペーンで実質月額料金が安いBIGLOBE(ビッグローブ)がおすすめ

BIGLOBE口座振替支払い対応のWiMAXプロバイダの比較でギガ放題プラスプラン契約でキャッシュバックキャンペーンを利用できるBIGLOBE WiMAX(ビッグローブ)はおすすめの1社。2024年7月は支払い方法が口座振替の場合でも13,300円のキャッシュバックキャンペーンを利用可能です。

またキャッシュバックキャンペーン特典の受け取りがWiMAXサービス利用開始翌月で、他社WiMAXプロバイダと比較してキャッシュバックの受け取りが早い点もBIGLOBE WiMAXの口座振替のメリット。大手プロバイダでサポートも充実し、口座振替・自動引き落としでWiMAXを契約したい方にBIGLOBE WiMAXはおすすめです。

BIGLOBE WiMAXでは下り最大速度3.9GbpsのモバイルWiFiルーター最新機種を契約可能

WiMAXの5G対応ルーター・Speed Wi-Fi 5G X12
下り最大速度3.9Gbps(3,900Mbps)対応!
WiMAXの5G対応ルーター・Speed Wi-Fi 5G X12

2024年7月現在のWiMAXのおすすめ端末は2023年発売のモバイルWiFiルーター最新機種Speed Wi-Fi 5G X12。WiMAXの通信回線のほか、auの5G回線や4G LTE回線に対応し、下り最大速度3.9Gbps(3,900Mbps)・上り最大速度183Mbpsの高速通信がメリット。他のポケット型WiFiと比較しても通信速度が高速と評判の端末です。
 
BIGLOBE WiMAXでは料金の支払い方法が口座振替の場合でも利用可能で、当サイト限定のキャッシュバック特典を利用して安く契約でき、おすすめです。

自宅インターネット向けには下り最大速度4.2Gbps対応のホームルーター最新端末の利用もおすすめ
WiMAXの据え置き型ホームルーターSpeed Wi-Fi HOME 5G L13
2023年発売!WiMAXの5Gホームルーター
Speed Wi-Fi HOME 5G L13

また、BIGLOBE WiMAXでは自宅用のインターネットにホームルーター端末も選択可能。2023年発売のホームルーター最新端末・Speed WiFi HOME 5G L13機種でもauの5G回線や4G LTE回線を利用でき、下り最大速度4.2Gbps(4,200Mbps)・上り最大速度286Mbps対応の高速端末です。WiMAXのホームルーターは、ポケット型WiFiの端末と比較して同時接続台数が40台と多く、同時に複数の端末でインターネットを利用する場合にもおすすめです。
 
他のインターネット回線や光回線と比較して工事なしで利用できる点もホームルーターのおすすめ理由で、口座振替が可能で、当サイト限定キャッシュバックで実質月額料金の安いBIGLOBE WiMAXの契約がおすすめです!

口座振替の場合、端末の購入代金は一括払いの点に注意が必要

BIGLOBE WiMAXを口座振替で契約した場合、ルーター端末の購入代金27,720円の一括払いが必要で、代金引換手数料440円が必要な点も注意点です。
 
クレジットカード支払いの場合は25回の分割払いで端末代金の一括払いは必要ありませんが、支払い方法が違うだけで端末価格は同じ。口座振替の大きなデメリットではないと言えます。

当サイト経由の契約でBIGLOBE WiMAX公式にはない限定キャッシュバックを利用可能

BIGLOBE WiMAXの限定特典!現金1万円キャッシュバック+申込手数料無料当サイト・WiMAX比較ナビ経由のBIGLOBE WiMAX契約は13,300円キャッシュバックキャンペーン(申し込み手数料無料+現金1万円キャッシュバック)対象で、BIGLOBE公式サイトと比較して安くWiMAXのポケット型WiFi・ホームルーターを申し込みできます。
 
またギガ放題プラスプランを口座振替で契約できるUQ WiMAX・Broad WiMAXと比較しても、BIGLOBE WiMAXは安く、口座振替プランを最安料金で利用できる点もBIGLOBE WiMAXのおすすめ理由です!

解約違約金が無料で契約期間の縛りもないBIGLOBE WiMAXの契約なら、公式サイトにない当サイト限定キャッシュバックの利用がおすすめ。詳細は下記キャンペーンサイトをご確認ください!

【口座振替が安い・当サイト限定キャッシュバックも】

※BIGLOBE WiMAXの詳細は「BIGLOBE WiMAXの料金・キャンペーン最新情報」もご覧ください。

UQ WiMAXは口座振替かつ端末代金の割引キャンペーンがおすすめ

UQ WiMAXの割引キャンペーン(2024年6月~)

WiMAXサービスの運営会社・UQコミュニケーションズ株式会社が提供するプロバイダサービスであるUQ WiMAXも口座振替を選択可能なおすすめプロバイダ。同じく口座振替が可能なBIGLOBE WiMAXと比較してギガ放題プラスプランの月額料金が高く、実質月額料金が高い点はデメリットの一方、2024年7月は最大19,800円の端末代金割引キャンペーンを利用でき、安い費用でWiMAXのモバイルWiFiルーター・ホームルーター端末を購入できます。

BIGLOBE WiMAXの場合はキャッシュバック特典の受け取りに口座登録手続きが必要ですが、UQ WiMAXの場合は端末購入時に割引・キャッシュバックされ、手続きなしで安い点もおすすめ。また端末の一括払い購入が必要なBIGLOBE WiMAXと比較して契約時の初期費用が安い点も、支払い方法で口座振替を選びたい方にUQ WiMAXをおすすめする理由です。

解約違約金が無料で契約期間の縛りなしで利用でき、充実したサポートもおすすめ

BIGLOBE WiMAXと同様、UQ WiMAXも解約違約金が無料で契約期間の縛りなしで利用でき、希望の期間でWiMAXを利用できる点もメリット。またUQ WiMAXは20社以上あるWiMAXプロバイダの本家のサービスで、運営会社のUQコミュニケーションズ株式会社もauなどと同じKDDIグループの会社で安心できると契約者の口コミでも良い評判。電話やチャットでの問い合わせサポートも充実と評判です。

口座振替・銀行引き落としでWiMAXを契約したい方なら、BIGLOBE WiMAXの次におすすめがUQ WiMAX。公式サイトで料金・キャンペーンの最新情報を確認して比較がおすすめです!

【端末割引キャンペーンがおすすめ!】

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)は口座振替対応の場合、適用できないキャンペーンあり

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)Broad WiMAX(ブロードワイマックス)も口座振替で契約できるWiMAXプロバイダでモバイルWiFiルーターやホームルーター端末の最新機種を契約できますが、口座振替の場合はBroad WiMAXの一部キャンペーン特典を利用できない点に注意が必要です。

結果的に上記で紹介したBIGLOBE WiMAXやUQ WiMAXと比較し、Broad WiMAXの口座振替プランは実質月額料金が高いためおすすめできません。

口座振替では初期費用無料キャンペーンを利用できない

Broad WiMAXの口座振替の場合、クレジットカード払いの場合は全額割引キャンペーンで無料の初期費用20,743円の支払いが必要で、初期費用の支払いが必要な分、クレジットカードでの契約より費用がかかります。
 
口座振替・引き落としでWiMAXを利用したいなら、最安級の月額料金でWiMAXのギガ放題プラスプランを利用できるBIGLOBE WiMAXがおすすめのプロバイダです。

解約違約金キャッシュバック特典も口座振替では利用できない

Broad WiMAXでは他社回線の解約違約金キャッシュバックキャンペーンも利用できますが、クレジットカード払いがキャッシュバックの条件で、Broad WiMAXの口座振替契約では利用できません。このため他社からの乗り換えで口座振替・引き落としでWiMAXを利用したい場合も、最安級の実質月額料金でWiMAXのギガ放題プラスプランを利用できるBIGLOBE WiMAXがおすすめのプロバイダです。

当サイト経由のBroad WiMAX契約限定のAmazonギフト券キャンペーンは口座振替の場合も対象

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)の当サイト限定キャンペーンまたキャッシュバックでないものの2024年7月は当サイト限定キャンペーン特典も。当サイト・WiMAX比較ナビ経由のBroad WiMAX契約はAmazonギフト券1万円プレゼントキャンペーン対象で、口座振替での契約もキャンペーン対象です。
 
当サイト経由の場合は初期費用が実質割引され、口座振替でも安い費用でBroad WiMAXのギガ放題プラスプランを契約できます。

口座振替の場合、端末の最短即日発送を利用できない点に注意

Broad WiMAXのおすすめ理由の1つが端末の最短即日発送ですが口座振替の場合は利用できない点も注意点。口座振替・引き落とし手続きに審査が必要なためで、審査完了次第の端末発送でインターネットの利用開始が遅い点に注意が必要です。

【口座振替OK!当サイト限定キャンペーン】

auショップ・家電量販店店頭での申し込みの場合は店舗に事前確認

全国のauショップでも口座振替でWiMAXの契約・申し込みが可能。この場合、WiMAX申し込み時に引き落とし口座の銀行通帳や届出印が必要な場合もあり事前の店舗確認がおすすめです。
 
また家電量販店店頭でのWiMAX申し込みの場合、店舗により口座振替の対応が違う様子。ヤマダ電機の個人契約の場合はクレジットカード以外の支払い方法を受け付けませんが、ビックカメラは書類を提出すれば銀行引き落としに対応する場合も。詳細はWiMAX契約前に各家電量販店店舗に問い合わせ、確認が必要です。

auショップも家電量販店もWiMAXの料金プランはUQ WiMAXと同等に高額で注意が必要。価格ではBroad WiMAXやBIGLOBE WiMAXのネット契約がおすすめ。

GMOとくとくBBやカシモWiMAXは口座振替非対応でおすすめできない

WiMAXプロバイダの中で人気・おすすめプロバイダの多くが口座振替に非対応。例えば、最大2万円のキャッシュバックキャンペーンでおすすめのGMOとくとくBBや、安い月額料金でおすすめのカシモWiMAXなどのWiMAXプロバイダは、残念ながら口座振替・引き落としに非対応。口座振替でWiMAXを契約したい方におすすめのプロバイダではありません。

他のポケット型WiFi・モバイルWiFiも口座振替可能だがギガ放題プラスのようなプランがない

WiMAX以外の他のポケット型WiFi・モバイルWiFiサービスでは、ソフトバンクLTE回線利用のポケット型WiFiサービス・Y!mobile(ワイモバイル)で口座振替での月額料金支払いが可能。ただし、WiMAXのギガ放題プラスプランのような通信容量制限なしの契約プランがない点が注意点です。
 
Y!mobileには使い放題オプションのアドバンスオプションがあるものの、アドバンスモード接続可能エリアでの通信が使い放題のオプション。アドバンスモードの電波を受信できないエリアでは使い放題でない点に注意が必要で、比較してWiMAXのギガ放題プラスプランをおすすめする理由です。

口座振替・引き落とし可能、かつギガ放題プラスプランのような使い放題のポケット型WiFi・モバイルWiFiを探す場合、WiMAXのルーター端末の契約がおすすめ。

以上、口座振替・引き落としで契約可能なWiMAXプロバイダを紹介しました。2024年7月のおすすめは当サイト限定キャッシュバックもあるBIGLOBE WiMAX(ビッグローブ)。WiMAXの最新ポケット型WiFi・ホームルーターの契約ならBIGLOBE WiMAXの当サイト限定キャンペーンの利用がおすすめ!ぜひ詳細を確認ください。

【口座振替で一番おすすめのWiMAXプロバイダ】

※このページで紹介した口座振替・銀行引き落としの場合のWiMAXの料金・キャンペーン情報は、プロバイダ各社の公式サイトをもとに毎月最新情報に更新しています。

WiMAXの支払い方法や口座振替についてよくある質問

最後にこのページの内容のまとめとして、WiMAXの支払い方法や口座振替についてよくある質問を紹介します。

WiMAXやポケット型WiFiは口座振替・銀行引き落としで申し込み可能?

WiMAXやポケット型WiFiの料金は口座振替・銀行引き落としも可能ですが、契約・申し込みできるサービスやプロバイダは一部。例えば、WiMAXを契約できるプロバイダは20社以上ありますが、口座振替・銀行引き落としに可能なプロバイダはUQ WiMAX、BIGLOBE WiMAX、Broad WiMAX、au、一部の家電量販店です。

WiMAXの支払い方法は後から変更可能?

複数の料金支払い方法(クレジットカードや口座振替)に対応可能なWiMAXプロバイダでは、契約後の支払い方法の変更に対応しています。ただし、サポートサイトなどWEBで変更申請が可能な場合や電話で問い合わせが必要な場合など具体的な手続方法は契約プロバイダで異なります。

口座振替で銀行から実際に引き落とされる日はいつ?

WiMAXの料金を口座振替とした場合、銀行から実際に料金が引き落とされる日はWiMAXプロバイダにより違いますが、UQ WiMAXやBroad WiMAXでは各月末の26日または27日を引き落とし日としています。

2024年7月当サイト限定WiMAXキャンペーン

CTA-IMAGE 2024年7月、当サイト・WiMAX比較ナビと公式プロバイダ・カシモWiMAXでAmazonギフト券によるキャッシュバックキャンペーンを実施中!WiMAXの契約は実質月額料金が安いカシモWiMAXがお得で、カシモWiMAXの契約は当サイトがおすすめ。当サイト限定&期間限定キャンペーンをお見逃しなく!
2024年7月当サイト限定キャンペーン!
カシモWiMAX申し込みでAmazonギフト券キャッシュバック