契約期間3年がWiMAXの主流~2年利用よりお得な料金プラン

契約期間3年がWiMAXの主流~2年利用よりお得な料金プラン

WiMAXの3年契約

以前は2年だったWiMAXの契約期間。現在は3年契約が主流で、利用者には「3年縛り」となりWiMAX契約のおすすめ度が下がったように見える一方、3年利用が適用対象のキャンペーンやauの4G LTE回線を利用するLTEオプションが無料など、2年プランに無いWiMAXの3年契約プランの場合だけのメリットもあります。
 
このページでは2年利用との違いを比較、3年契約のメリットとデメリット、お得な料金プランやおすすめプロバイダの紹介など、WiMAXの2年・3年契約や契約期間関連の最新情報を紹介します。

【2021年10月最新情報】
UQ WiMAXや家電量販店でWiMAXギガ放題プランの2年契約が可能で、またBIGLOBE(ビッグローブ)はギガ放題の1年利用も可能。ただし料金が高く、比較して当サイトのおすすめプロバイダBroad WiMAXを3年契約、途中解約する方が安い費用で利用できる点に注意が必要です。

3年契約はWiMAXやポケットWiFiの主流

UQ WiMAXが3年契約の料金プランを導入以降、WiMAXの主流は3年プラン。いわゆる3年縛りで比較的長期の36ヶ月利用プランです。またWiMAXだけでなく、他ポケットWiFiサービスの場合も3年契約が増えています
 
利用者には2年契約と比較してWiMAXやポケットWiFi申し込みのハードルが上がった一方、WiMAXの場合は2年利用と比較して3年利用はおすすめのメリットが多い点もあり、WiMAXの3年契約が主流の今、多くのプロバイダが2年契約を受付終了。2年プランを提供する場合も制限や料金のデメリットがあり、比較して3年契約の方がお得にWiMAXを契約できます。

一方、UQ WiMAXでは2年契約プランが復活。3年縛りと比較して改善したようで、auの4G LTE回線を利用するLTEオプションが有料、新規申し込み時に端末購入が必要など3年プランからの改悪もあり確認が必要です。

2021年10月最新・2年契約可能なWiMAXプロバイダとデメリット

2021年10月の最新情報を確認すると、ポケットWiFi・WiMAXには2年契約可能なプロバイダもある一方、3年利用の場合と比較して割引適用が少ない、WiMAXの費用が高いなどデメリットや制限も多く、WiMAXプロバイダは3年契約がおすすめ。

また2021年10月現在、UQ WiMAXや家電量販店ではWiMAXの2年契約が可能ですが、料金の高い2年契約と比較して3年契約を2年で途中解約する方がWiMAXの料金が安い場合に注意が必要です。

WiMAXプロバイダ 2年契約のデメリット
UQ WiMAXのロゴ 3年プラン受付終了、2021年10月現在は2年利用のギガ放題のみで、auの4G LTE回線を利用するLTEオプションが有料(ビックカメラやヤマダ電機など家電量販店で契約するWiMAXもUQ WiMAXと同じ2年契約)
GMOとくとくBB キャッシュバックキャンペーン特典金額が3年契約と比較して減額(WiMAXの3年契約のキャシュバック適用金額4万円に対し、2年契約は3万円など)
→2年プランは申し込み受付終了
BIGLOBE 3年プラン終了、2021年10月現在はギガ放題プランの1年契約のみにサービス変更、2年・3年利用も可能ですが新規申し込み時にルーター端末購入が必要で他社と比較して初年度費用が高い
auロゴ 2年契約可能だが、キャッシュバックキャンペーンなども無い上、ルーター端末の購入も必要で、3年契約が可能なプロバイダと比較してWiMAXの料金が高い

WiMAXの3年契約プラン申し込みのメリット・おすすめ理由

WiMAXの3年契約のおすすめ理由とメリット

契約期間3年が長期化してデメリットが増えた印象ですが、実際はWiMAXの3年契約プラン申し込みには2年プランに無いメリットも多数。以下、WiMAXの3年プランのおすすめ理由を紹介します。

WiMAXの3年契約でauの4G LTE通信回線を使うLTEオプション無料

auロゴWiMAXではWiMAX2+通信回線を使う通常の通信モード・ハイスピードモードに加え、auの4G LTE通信回線を使用してインターネット通信を行うハイスピードプラスエリアモードも利用可能です。
 
2年契約の場合、ハイスピードプラスエリアモード利用月のみ1,105円(税込)のLTEオプション料金が請求されますが、3年契約の場合は月間データ通信量7GB制限・ギガ放題プランのどちらもLTEオプションを3年間無料利用可能!2年プランと比較してWiMAXの3年プランは約4万円の料金割引と同じメリットがあります。

ハイスピードプラスエリアモードは下り最大速度867Mbps対応

WiMAXモバイルルーターW06
下り最大速度867Mbps対応!
WiMAXのモバイルWiFiルーターW06機種

LTEオプション・ハイスピードプラスエリアモードを使うメリットの1つが、下り最大速度867Mbps(USBケーブル接続時は下り最大速度1.2Gbps)、上り最大速度75Mbpsの高速通信が可能な点。ハイスピードプラスエリアモード対応のWiMAXルーター最新端末・W06機種などの利用が必要ですが、光回線と比較して遜色のない通信速度でWiMAXのインターネット通信を利用できます。

2020年1月発売のWiMAXモバイルWiFiルーター最新機種WX06もハイスピードプラスエリアモード対応で、下り最大速度440Mbps、上り最大速度75MbpsとW06と比較して速度が遅い一方、バッテリー持ちが良く、電波にも繋がりやすい当サイトのおすすめ端末です。

WiMAXが圏外でもauの対応エリアではルーター端末を使用して通信可能

WiMAX2+対応エリアは拡大中ですが、地方では接続しにくい地域も。WiMAX2+回線の対応エリアと比較してauの4G LTE回線対応エリアは広く、WiMAX2+が圏外でもauのLTE回線対応エリアではハイスピードプラスエリアモードを利用、WiMAXのルーター端末を使用してインターネット通信が可能です。
 
またWiMAXの電波と比較して、携帯電話やスマホの通信でも使用する4G LTEの電波は屋内・建物内部に入りやすく、WiMAX電波の弱い屋内で利用する際、3年契約で無料のハイスピードプラスエリアモードが役立つ場合も。
 
ただし、WiMAXの月間通信量無制限・ギガ放題プランを3年契約で利用中でもハイスピードプラスエリアモード通信は月間7GB上限で、超過時の速度制限に注意が必要。WiMAX2+圏外エリアでの通信など、必要時のみの使用がおすすめです。

このauの4G LTE回線を利用する通信モード・ハイスピードプラスエリアモードを使うとLTEオプション費用(月額1,105円)が追加請求される点が2年契約のデメリット。WiMAXは3年契約をおすすめする理由です。

3年契約は2年契約と比較してWiMAXの実質月額利用料金が安い

お金2年契約のデメリットの通り、2年利用の場合はキャッシュバックキャンペーンが適用対象外など、3年契約の方が安い実質月額利用料金でWiMAXを利用可能。WiMAXプロバイダが長期3年プランのお客さまを優遇するのは当然で、契約期間3年が主流の現在、WiMAXを長期利用予定の場合は安い料金で契約できる良い機会です。

契約期間2年と3年の比較~UQ Flatツープラスギガ放題プランの実質月額料金

UQ WiMAXの場合、以前の2年プランはキャッシュバックキャンペーンの適用対象外で、UQ Flatツープラス ギガ放題プランの3年契約の申し込みのみが適用対象でした。ギガ放題プランの2年契約の場合の2年間総額と実質月額料金と、3年契約の場合の3年総額と実質月額料金の比較が以下で、WiMAXの利用料金が割安でおすすめは期間3年です。

WiMAXギガ放題プランの利用料金総額(税込) 実質月額料金
2年契約の場合 122,304円 5,096円
3年契約の場合 180,258円 4,872円
2021年10月現在、UQ WiMAXはギガ放題プランの2年契約のみ申込可能です。

WiMAXの総額費用も「3年契約プランを2年で途中解約」が安い

WiMAXを2年契約で利用したい場合も、UQ WiMAXなど2年利用が可能なプロバイダ契約と比較して、Broad WiMAXなど最安プロバイダを3年契約、2年で途中解約する方がWiMAXの総額費用が安いことも契約期間3年のおすすめ理由です。

Broad WiMAXの3年契約を2年で解約する場合のギガ放題プラン料金

Broad WiMAXは3年契約プランのみですが、安い月額料金で端末価格も無料、また当サイト限定・Amazonギフト券キャッシュバックキャンペーンの適用対象で、解約違約金を払って2年で途中解約しても1年あたりのWiMAXギガ放題プランの実質負担費用は5万円程度

初期費用(契約事務手数料) 3,300円
月額料金支払い費用(ギガ放題プラン・3年契約) 2,999円×3ヶ月+3,753円×22ヶ月=91,563円
キャンペーン特典 -5,000円
※当サイト限定・Amazonギフト券5,000円分キャッシュバック
端末販売価格 0円(無料提供)
解約・違約金
※2年で途中解約の場合
10,450円
2年間のWiMAX実質負担費用(税込) 100,313円

UQ WiMAX新ギガ放題プランの2年契約の場合の負担費用(機器購入含む)

UQ WiMAXでは新ギガ放題プランの2年契約が可能ですが申し込み時にルーター端末機器の購入が必要で、Broad WiMAXと比較してギガ放題プランの月額料金も高いため、2年間の実質負担費用は12万円以上。Broad WiMAXの3年契約を途中解約する場合と比較して費用が高い点に注意が必要です。

初期費用(契約事務手数料) 3,300円
月額料金支払い費用(新ギガ放題プラン) 4,268円×25ヶ月=106,700円
キャンペーン特典 0円
※ルーター最新機種はキャッシュバックキャンペーン適用対象外
端末販売価格 16,500円
解約・違約金 0円
2年間のWiMAX負担費用(税込) 126,500円
UQ WiMAXの2年契約と比較して、Broad WiMAXの3年契約の途中解約は2万円以上も費用が安い結果。またUQ WiMAXの2年プランの月額料金にauの4G LTE回線を利用するLTEオプション費用は含まず、比較してLTEオプション無料のBroad WiMAXの3年契約はさらに2年間で2万円以上お得です。

2年契約中に3年プランへ途中のプラン変更手続きも可能でおすすめ

お得な3年契約プランですが、一部プロバイダではWiMAXの2年プラン利用者を対象に、契約途中の3年プランへの変更を受付中。現在2年プランでWiMAXサービスを利用中の方も、LTEオプション・ハイスピードプラスエリアモード無料など3年契約のメリットを簡単な手続きで利用可能で、おすすめです。

契約期間2年縛りと比較した場合のデメリットや注意点

メリットが多いWiMAXの3年契約ですが、もちろん契約期間・2年縛りの場合と比較してデメリットや注意点も。特に現在、2年プランでWiMAXを利用中の場合に確認すべき注意点です。

3年(36ヶ月間)の自動更新契約、更新月以外の解約に違約金が必要

WiMAXの2年プランは、契約期間が24ヶ月間で25ヶ月目が解約金の発生しない契約更新月、その後契約が自動更新され新たな24ヶ月の契約期間に。これが3年プランの場合、契約期間36ヶ月で37ヶ月目が契約解除料のかからない更新月、その後36ヶ月間の契約が自動更新されます。
 
違約金・契約解除料なしの無料で解約できる機会が減少、37ヶ月目の解約タイミングを逃すとさらにWiMAXの契約期間が3年間自動延長され、2年縛りと比較して途中解約や更新に注意が必要です。

契約解除料の例~UQ WiMAXの場合は課金開始月を含む37ヶ月目に満了

UQ WiMAXなど多くのプロバイダが設定する契約解除料は以下の通りで、課金開始月も含め25ヶ月目や37ヶ月目が2年・3年契約の満了月で、その翌月が解除料の必要ない更新月。2年プランも3年プランも解約金金額はほぼ同じですが、契約解除料なしの解約タイミングが制限され、最初の期間3年満了後もWiMAXの途中解約に解約金がかかる点が注意点です。

2年プランの場合の解約金(税込) 課金開始月を含む1~13ヶ月目:20,900円
14~25ヶ月目:15,400円
26ヶ月目:無料
27ヶ月目以降:10,450円
3年プランの場合の解約金(税込) 課金開始月を含む1~13ヶ月目:20,900円
14~25ヶ月目:15,400円
26~37ヶ月目:10,450円
38ヶ月目:無料
39ヶ月目以降:10,450円

※UQ WiMAXの場合、2019年10月以降に契約する2年プランの解約金は一律1,100円(税込)に変更されました。

乗り換えキャンペーンを利用、解約金なしでWiMAXを続ける方法も

3年プランの途中解約しづらさに対し、解約違約金を負担する「乗り換えキャンペーン」を実施するWiMAXプロバイダも。例えば、WiMAXの通信や速度には満足でもプロバイダに不満、WiMAXの料金が値上がりして他プロバイダの料金プランに乗り換えたいなどの場合、3年契約中でもBroad WiMAXの乗り換えキャンペーンを利用して解約金が実質なしでプロバイダを変更、料金を節約する方法もあります。

機種変更できない場合、3年間、古いルーター端末の使用が必要

契約期間中は同じルーター機種を使うと考えると、契約期間が2年から3年になり「3年間も同じルーター端末を使える?」との不安も。WiMAXのルーター端末は毎年新機種が発売され、機能や通信速度が向上。3年前のルーター端末は最新機種と比較して機能が劣ります。
 
利用中のWiMAXプロバイダが機種変更に対応可能なら3年の間に最新機種へ変更できますが、そうでない場合、3年縛りはデメリット。

利用プロバイダが機種変更サービスに対応しているか確認

利用中のプロバイダの機種変更への対応を確認、対応可能なら3年契約中にルーター端末を変更できます。例えばUQ WiMAXやBIGLOBE、So-netの場合、価格は有料ですが契約期間中はいつでも最新機種に変更可能で、3年長期契約でもルーター端末は安心。同様に、機種変更キャンペーンのあるGMOとくとくBBやBroad WiMAXもおすすめです。

3年長期利用で料金プランがお得!おすすめのWiMAXプロバイダ・2021年10月最新情報

WiMAXの3年契約でおすすめのプロバイダ最新情報

最後に、主要WiMAXプロバイダの3年契約プラン利用料金を2021年10月現在の最新情報で比較します。月間データ通信量7GB制限プランと月間通信量制限なしのギガ放題プランで、契約期間3年間の負担総額と実質月額利用料金を料金が安い順に一覧比較、3年利用の場合の最安プロバイダランキングです。

WiMAXの5G対応プラン・ギガ放題プラスを3年契約する場合の料金については別記事「WiMAXの5G対応料金プラン・ギガ放題プラス徹底比較」で紹介中です!

3年契約プラン加入の場合のWiMAX総額費用と実質月額料金の比較

各プロバイダのWiMAX総額費用は、3年契約プラン加入の場合が適用対象のキャッシュバックキャンペーンや料金割引キャンペーン適用後の実質負担金額を計算・比較します。

2年契約の場合と違い、auのLTE回線を使う通信モード・ハイスピードプラスエリアモードを無料で利用可能なLTEオプション込みの料金です。

月間データ通信量7GB制限(Flatツープラス)プランの3年契約の場合

プロバイダにより「Flatツープラス(3年)プラン」や「ライトプラン」など名称が違いますが、月間データ通信量7GB制限プランの料金比較です。2021年10月現在、3年契約で最安のプロバイダはBroad WiMAXとGMOとくとくBBの2社で、いずれも月間7GB制限プランを3年総額約12万円で利用できます。

WiMAXプロバイダ
※金額は税込
3年総額料金の比較(月間7GB制限) 実質月額料金の比較
Broad WiMAX(ブロードワイマックス)
(当サイト限定!Amazonギフト券キャンペーン)
117,178円 3,167円
GMOとくとくBB
(キャッシュバックキャンペーン適用)
121,264円 3,277円
カシモワイマックス 123,296円 3,332円
So-net(ソネット)モバイルWiMAX 2+
(月額料金割引キャンペーン適用)
137,571円 3,718円

※主要プロバイダでUQ WiMAXとBIGLOBE(ビッグローブ)WiMAX2+は月間データ通信量7GB制限プランの新規申し込み受付を終了しました。

月間通信量制限なし・ギガ放題プランの3年契約の場合

月間データ通信量制限なし・Flatツープラス ギガ放題プランの3年契約の場合の料金比較は以下の通りで、WiMAXのFlatツープラス ギガ放題も2021年10月現在の最安プロバイダはBroad WiMAXとGMOとくとくBBの2社です。

WiMAXプロバイダ
※金額は税込
3年総額料金の比較(ギガ放題) 実質月額料金の比較
Broad WiMAX(ブロードワイマックス)
(当サイト限定!Amazonギフト券キャンペーン)
142,819円 3,860円
GMOとくとくBB
(キャッシュバックキャンペーン適用)
145,710円 3,938円
DTI WiMAX2+
(月額料金割引キャンペーン適用)
146,884円 3,970円
カシモワイマックス 147,848円 3,996円
So-net(ソネット)モバイルWiMAX 2+
(月額料金割引キャンペーン適用)
163,419円 4,417円
BIGLOBE(ビッグローブ)WiMAX2+
(キャッシュバックキャンペーン適用)
165,139円 4,463円
UQ WiMAX
(キャッシュバックキャンペーンなし)
180,258円 4,872円

3年間の利用で最安料金のGMOとくとくBBとBroad WiMAXがおすすめ

月間7GB制限プランやギガ放題プランにかかわらず、WiMAXの3年利用プランの最安料金でおすすめはBroad WiMAXやGMOとくとくBB。2つのプロバイダの3年間実質負担総額を比較してWiMAXの金額差は大きくない一方、キャッシュバックキャンペーンで実質料金が安いGMOとくとくBBと毎月の月額料金が安いBroad WiMAXと内容は違います。
 
また2021年10月時点で月額料金の割引キャンペーンを実施中のSo-net WiMAX 2+も、毎月の支払い費用・3年間の総額費用ともに比較的安くておすすめです。

3年契約で最大4万円のキャッシュバック適用のGMOとくとくBB

GMOとくとくBBの場合、3年間の実質利用料金がBroad WiMAXと比較して同程度に安いですが、これは最大4万円のキャッシュバックキャンペーンが適用されるからで、キャッシュバック特典金額の大きさがGMOとくとくBBの魅力です。
 
一方、キャッシュバック特典受け取りに指定期間があり、手続きミスや忘れて受け取りに失敗する場合に注意が必要です。比較してBroad WiMAXは毎月支払う料金が安いため確実に最安料金で利用できる点がメリット。

Broad WiMAXなら割引価格、当サイト限定キャンペーンの適用対象

当サイト限定・Broad WiMAXのAmazonギフト券キャンペーン
当サイト限定!Broad WiMAXの3年契約が対象の
Amazonギフト券キャッシュバックキャンペーン

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)のおすすめ理由は割引価格で業界最安級の月額料金。月間7GB制限プラン・ギガ放題プランともに安い料金で3年間、WiMAXを利用できる点が魅力。また2021年10月、当サイト経由のBroad WiMAX申し込みは限定特典・Amazonギフト券によるキャッシュバックキャンペーンの適用対象です。
 
GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンと違い複雑な受け取り手続きも無く、Broad WiMAXに申し込み後、すぐにAmazonギフト券がキャッシュバックされます。確実にお得な料金でWiMAXを利用したい方におすすめプロバイダがBroad WiMAXで、3年契約がおすすめです!

初回契約期間が満了する3年後以降の利用料金が安い点もメリット

またGMOとくとくBBなど高額キャッシュバックキャンペーンで安いプロバイダと比較して、月額料金が割引価格のBroad WiMAXは初回契約期間が満了する3年後以降も安い点がメリット。GMOとくとくBBで3年契約を更新すると、更新後はキャッシュバックがなく費用は値上がりする一方、安い月額料金のBroad WiMAXは3年後以降の長期利用も安心です。

以上、WiMAXの3年契約のメリット・デメリットを解説、特に2年利用と比較してデメリットが大きいと感じる方向けに、3年契約プランのおすすめ理由やメリットを紹介しました。

お得なWiMAXの3年契約には、料金やキャッシュバックなどのキャンペーン最新情報の十分な比較が必要。当サイトでは主要プロバイダの料金・キャンペーンを常に調査し、最新情報に更新中です。当サイト限定キャンペーン情報も含め、ぜひ一度ご確認ください!

【3年契約での最安プロバイダ選び】

※WiMAXを1年契約で利用できるプロバイダやサービスも。WiMAXの1年利用でおすすめの方法や料金比較は別記事「WiMAXを1年契約できるプロバイダ~料金比較で最安・おすすめは?」をご覧ください。

2021年7月当サイト限定WiMAXキャンペーン

CTA-IMAGE 2021年7月現在、当サイト・WiMAX比較ナビと公式プロバイダ・Broad WiMAXでAmazonギフト券によるキャッシュバックキャンペーンを実施中!WiMAXの契約は月額料金が安いBroad WiMAXがお得、またBroad WiMAXの契約は当サイト経由がおすすめ。当サイト限定&期間限定キャンペーンをお見逃しなく!
2021年7月当サイト限定キャンペーン!
Broad WiMAX申し込みでAmazonギフト券キャッシュバック!