ケーブルテレビ・JCOMのWiMAXサービスの料金や口コミの評判は?

ケーブルテレビ・JCOMのWiMAXサービスの料金や口コミの評判は?

JCOM WiMAX 2+の料金や評判・口コミ

ケーブルテレビで人気・評判のJCOMはインターネット回線サービスや格安スマホも提供しており、WiMAXのプロバイダサービス「JCOM WiMAX 2+」も提供中。
 
ケーブルテレビやインターネット回線でJCOMサービスに加入中の場合はWiMAXの契約もJCOMを利用すべきか悩むとの口コミも。料金やキャンペーン、サービス内容は他のWiMAXプロバイダと比較してJCOMはお得でおすすめでしょうか?
 
このページではJCOM WiMAX 2+のサービス内容や料金プランを紹介、他のWiMAXプロバイダと比較した場合の契約メリットやデメリットや、利用者の口コミや評判を確認します。

【JCOM WiMAX 2+最新情報】
2021年2月にJCOM WiMAX 2+の新規申し込み受付が終了、このページの料金・キャンペーン情報は2021年2月時点の情報です。JCOM以外で新規契約可能なWiMAXのおすすめプロバイダについては当サイト・WiMAX比較ナビで最新情報をご確認ください。

人気・評判のケーブルテレビ会社JCOMが提供するWiMAXサービス

JCOM WiMAX 2+は、ケーブルテレビで人気・評判のJCOM(株式会社ジュピターテレコム)が提供するWiMAXのプロバイダサービス。JCOMはケーブルテレビ事業以外に自宅の固定インターネット回線や固定電話・格安スマホサービスなど、通信関連サービスの提供実績も多い会社です。
 
JCOM WiMAX 2+の料金プランやキャンペーン、サービス内容を他社と比較、おすすめ理由を確認する前に、まずJCOM(株式会社ジュピターテレコム)がどんな会社か、ケーブルテレビ以外の事業も紹介します。

JCOMってどんな会社?おすすめサービスは?

JCOMは主にケーブルテレビ・インターネット回線・固定電話・モバイル・電力の5つの分野でサービスを提供する会社。ポケットWiFi・WiMAX以外の、JCOMの代表的な事業内容やおすすめのサービスを紹介します。

加入世帯数No1のケーブルテレビ事業「JCOM TV」

加入世帯数No1、日本で最も有名なケーブルテレビ事業と言える「JCOM TV」。多種多彩な専門チャンネル(CS)のほか、オンデマンドサービスや外出先でもスマホ・タブレットでTV番組を視聴できるサービスを提供中。このケーブルテレビサービスとインターネット回線や固定電話がセットの、JCOMのお得なセットプランに加入する方も多いようです。

インターネット回線サービス「JCOM NET」

インターネット回線サービスさらにJCOMで人気のインターネット回線サービス「JCOM NET」。下り最大速度120Mbps、320Mbps、1GBpsなど回線速度別の料金プランの提供が特徴の自宅用インターネット固定回線サービス。動画コンテンツ約8,000本を視聴できるビデオ・オン・デマンド(VOD)とのお得なセット料金も特徴のサービスです。

固定電話や格安スマホ・SIMのモバイルサービス「JCOM PHONE・MOBILE」

mobile「JCOM PHONE」は、NTT東日本・西日本の回線使用料が不要で基本利用料金が安い固定電話サービス。JCOM PHONE加入者同士は通話無料がメリットです。
 
また「JCOM MOBILE」は、au回線を利用するiPhoneなどの格安スマホや、docomo回線使用の格安SIMカードを提供するサービス。JCOM TVやJCOM NETなど他サービスを加入中の場合は割引料金適用などのメリットもあります。

JCOM WiMAX 2+はUQコミュニケーションズのMVNOとして提供

上記の事業・サービスに加えてJCOMはWiMAX2+のプロバイダサービスも提供中ですが、プロバイダサービスの内容はUQコミュニケーションズ(UQ WiMAX)が提供するWiMAX2+回線のインターネット通信サービスと同じ。JCOMのWiMAX2+サービスは「自社の通信回線ではなく、他社の通信回線を借りてサービスを提供するMVNO」です。

エリアや通信速度・速度制限はUQ WiMAXなど他プロバイダと同じ

JCOMなど、20社以上のWiMAXプロバイダはすべてUQコミュニケーションズの通信回線を借りてサービス提供するMVNO。つまり本家UQ WiMAX以外、GMOとくとくBBやブロードワイマックスなどのプロバイダでWiMAXを契約する場合も使用する通信回線やルーター端末はJCOM WiMAX 2+と違いはありません
 
このため対応エリアや通信速度もJCOMとUQ WiMAXなど他のWiMAXプロバイダを比較して違いが無く、また速度制限ルールも全プロバイダで同じ内容です。

JCOMなどのWiMAXプロバイダ契約前には必ず対応エリアの確認がおすすめですが、WiMAXの対応エリアはUQコミュニケーションズのホームページで確認できます。

JCOM WiMAX 2+と他のプロバイダとのサービス内容・料金比較

対応エリアや通信速度は他プロバイダと比較して違いが無く、WiMAXプロバイダの比較ポイントは各社で違う料金プランやキャッシュバックなど利用可能なキャンペーン内容。他プロバイダと料金やキャンペーン、サービス内容を比較して、JCOMがおすすめの契約先かを確認します。
 
以下、JCOMが提供するWiMAX 2+プロバイダサービスの内容を他のWiMAXプロバイダと比較、利用のメリットやデメリットを確認します。

他社と比較して違いは2年と4年契約プランの2つの選択肢

まずJCOMと他社WiMAXプロバイダの比較で一番の違いが契約期間。他のWiMAXプロバイダは3年契約プランが主流ですが、比較してJCOMの場合は2年契約か4年契約の2つの選択肢で、どっちかの利用期間を申し込み時に選びます。

JCOM WiMAX 2+の4年利用プランは申し込み受付はすでに終了、2021年2月現在は月間データ通信量7GB制限プランと月間無制限・ギガ放題プランの2年利用プランのみ申し込み可能です。

4年契約はLTEオプション(ハイスピードプラスエリアモード利用)無料

契約期間の縛りは短い方が良いものの、JCOMの4年契約プランのメリットはauの4G LTE回線を利用するハイスピードプラスエリアモードの無料利用。2年契約プランの場合、ハイスピードプラスエリアモード使用月のみ1,105円のLTEオプション料金が請求されるのと比較して、4年契約ではLTEオプション利用料金が無料です。
 
WiMAXルーター機器の通信モードで設定可能なハイスピードプラスエリアモードはWiMAX2+回線とauの4G LTE回線を同時に使用する通信モードで、WiMAX2+圏外エリアでもauの4G LTE対応エリアではインターネット通信可能なモード。月間7GBまでのデータ通信量制限があるもののネットに接続可能なエリアが広がる便利な通信モードです。

4年利用プランの場合、契約解除料金無しでのWiMAXの解約は49ヶ月目のみ

JCOMの4年利用プランのデメリットは途中解約しづらい点で、契約解除料金無しの解約は契約満了月の翌月、WiMAXの申し込みから49ヶ月目の1ヶ月間のみ。それ以外の途中解約では契約解除料金をJCOMに支払う必要があり、注意が必要です。

  • 契約1年目の解約の場合:19,000円
  • 契約2年目の解約の場合:14,000円
  • 契約3年目以降、更新月以外の解約の場合:9,500円

※JCOM WiMAX 2+に2年契約で加入中の場合も途中解約には上記の契約解除料金がかかります。

auの4G LTE回線を利用する通信モード・ハイスピードプラスエリアモードを利用する場合、JCOMの2年契約はLTEオプションが有料、また4年契約は期間の縛りが長く、比較して他のWiMAXプロバイダの3年利用プランの申し込みがおすすめ。LTEオプションを無料で利用できます。

JCOM加入者は割引適用だが他プロバイダと比較して月額料金が高い

2年プランも4年プランもJCOM WiMAX 2+の月額利用料金は他WiMAXプロバイダと比較して高い点がデメリットで、JCOMのケーブルテレビやインターネット回線サービスに加入中の場合は月額料金割引が適用されますが、加入者割引を含めても他プロバイダと比較して高額な利用料金。JCOM WiMAX 2+の利用をおすすめできない最大の理由です。

JCOMも他プロバイダと同様、月間データ量7GBプランとギガ放題の2つ

JCOM WiMAX 2+も他のWiMAXプロバイダと同様、月間データ通信量7GB制限プランと月間通信量制限なしで利用可能なギガ放題プランの2つを提供。他のWiMAXプロバイダ(参考までにUQ WiMAXとブロードワイマックス)と月額料金を比較した結果が以下の表です。

JCOMサービス未加入者はもちろん、加入者の場合も料金メリットは少なく、他のWiMAXプロバイダ(特にブロードワイマックス)と比較して高い月額利用料金がJCOM WiMAX 2+のデメリットです。
WiMAXの月額利用料金 月間通信量7GB制限プラン ギガ放題プラン 特典
JCOMサービス未加入の場合 月額3,695円 月額4,379円 初月無料
JCOMサービス加入済の場合 月額3,429円 月額4,113円 初月無料
UQ WiMAXの場合 月額3,880円 3,000円キャッシュバックキャンペーン
ブロードワイマックスの場合 月額2,999円 月額3,753円 契約3年目は値上げ(ただし、それでも他社より安い料金)

※上記の月額料金比較は、2021年2月時点のJCOM WiMAX 2+など各公式サイトの最新情報です。

3日で10GBまでの通信量制限や超過時の速度制限も他社と比較して同じ

月額料金比較で違いがある一方、料金プランの内容はJCOM WiMAX 2+と他のプロバイダを比較しても同じで、ギガ放題プランでも3日で10GBまでの通信量制限があり、超過時は速度制限がかかる点や、月間7GB制限プランを契約中に通信量7GBを超過すると翌月まで速度制限が解除されない点などは他社とJCOMで共通です。

auスマートバリューmineの適用対象

auロゴJCOM WiMAX 2+の契約も、auスマートバリューmine割引の適用対象の点はメリットで、auのケータイ・スマホを利用中の場合、auスマートバリューmineの申し込みで月額最大1,000円がau利用代金より割引され、実質のWiMAX負担金額は上記料金比較より安くなります。
 
ただし一部のWiMAXプロバイダを除き、多くのWiMAXプロバイダがauスマートバリューmineに対応可能で、auユーザーの場合はJCOM以外のauスマートバリューmine対応プロバイダでの契約が料金的にはおすすめです。

申し込み手続きがジェイコムショップ、ケーブルテレビ局でも可能

JCOM WiMAX 2+のメリットはオンラインの申し込み手続きに加え、ジェイコムショップやケーブルテレビ局でWiMAXの契約・申し込み手続き可能な点。ジェイコムショップは関東・関西が中心で全都道府県に展開していませんが、北海道や九州の一部地区にも店舗があります。
 
注意が必要なのが、各地のジェイコムショップ店頭でJCOM WiMAX 2+の契約・申し込み手続きができても、ルーター端末の受け取りはできない点。ルーター端末は後日宅急便の配送で、特に店舗店頭申し込みのメリットはありません。

JCOMの充実した問い合わせサポートはメリットでおすすめ理由

ケーブルテレビ事業など、幅広く通信事業を展開するJCOMは問い合わせサポート体制が充実。ホームページからメールで問い合わせ可能で、電話問い合わせにも年中無休で毎日午前9時から午後6時まで対応し、LINEの問い合わせも可能。JCOM WiMAX 2+の充実した問い合わせサポートは安心して契約できるメリットであり、JCOMのおすすめ理由です。

口コミの評判から分かったJCOM WiMAX 2+の契約デメリット

上記の通り、他のWiMAXプロバイダ利用と比較して高いJCOM WiMAX 2+の月額料金プランが最大のデメリットですが、契約では他の注意点も。以下、JCOM WiMAX 2+の口コミの評判から分かった4つの契約デメリットにも注意が必要です。

WiMAXのルーター機器は無料提供だが、端末到着が遅い

JCOM WiMAX 2+の契約ではモバイルルーター機器が無料提供ですが、デメリットの1つが端末の配送が遅い点。料金比較で紹介した当サイトのおすすめWiMAXプロバイダ・ブロードワイマックス(Broad WiMAX)の場合は契約・申し込み当日の即日配送に対応、東京・大阪・名古屋にある店舗での端末受け取りも可能な点が良い評判です。
 
比較してJCOMの場合、「お申込み日より、1週間前後でお届け」か「お申込みの翌月初め、1週間前後でお届け」。WiMAXルーター端末の到着・受け取りが遅いとの評判や口コミもあり、注意が必要です。

下り最大速度867Mbps対応のモバイルルーター最新端末を使用できない

またJCOM WiMAX 2+で使用できるルーター機器はNEC製のモバイルWiFiルーター最新端末WX06の1機種のみ。JCOM以外のWiMAXプロバイダの場合、2020年発売の据え置き型ホームルーター最新端末HOME 02や下り最大速度867Mbps対応のモバイルルーターW06機種も扱い、通常は複数の端末から選択できます。

WiMAXのモバイルルーターのおすすめは2019年発売のW06機種
WiMAXモバイルルーターW06
下り最大速度867Mbps対応!
WiMAXモバイルWiFiルーター最新機種W06

2021年2月時点のWiMAXのおすすめルーター端末は、2019年発売のモバイルWiFiルーター最新機種W06。下り最大速度867Mbps(USBケーブル接続時は下り最大速度1.2Gbps)、上り最大速度75Mbps対応の高速端末で、JCOM WiMAX 2+で使用可能なWX06と比較して口コミの評判も良い人気機種です。
 
通信速度が高速で一番おすすめのモバイルWiFiルーター端末W06を選択できない点はJCOMの最大のデメリットです。

2020年発売のNEC製モバイルルーター最新機器WX06のみ選択可能
WiMAXモバイルルーターWX06
2020年発売!下り最大速度440Mbps対応
WiMAXモバイルルーター最新機種WX06

JCOM WIMAX 2+で選択可能なWiMAXのモバイルルーター機器は、WiMAXで人気のNEC製ルーター端末の最新機種で2020年発売のWX06のみ。国産NEC製でバッテリーの持続時間が長い点がメリットの機器ですが、W06と比較して下り最大速度440Mbps、上り最大速度75Mbpsと遅い点がデメリット。
 
また多くのWiMAXプロバイダが上記のモバイルルーター2機種に加えて自宅利用向けの据え置き型ホームルーター端末も無料提供中で、比較してJCOMは1機種しか選べない点がデメリット。他の機種を利用したい場合はJCOM以外の契約が必要です。

WX06から機種変更できず、一度解約後に再契約が必要な点に注意

JCOMの場合、契約・利用開始後にルーター端末の機種変更ができない点もデメリット。WiMAXは毎年最新機種のルーター端末が発売され、通信速度や機能が向上しますが、同じルーター機種WX06を使い続ける必要がある点がデメリットで、変更したい場合は一度JCOM WiMAX 2+を解約、再契約が必要な点も評判の良くないポイント。契約期間により解約金がかかる点にも注意が必要です。

JCOM WiMAX 2+の場合、キャッシュバックなどのキャンペーンが無い

最後に、JCOM WiMAX 2+の場合はJCOMの他サービス加入者向けに割引料金の適用がある一方、それ以外のキャンペーンはなく実質総額料金も高い点がデメリット。比較して他のWiMAXプロバイダの場合、GMOとくとくBBやBIGLOBEのキャッシュバックキャンペーンや、ブロードワイマックスのAmazonギフト券プレゼントキャンペーンなど、何らかのキャンペーンを使用できます。
 
JCOMの場合は月額料金プランが高い上にキャッシュバックなどのキャンペーンがなく、契約期間の実質負担費用比較でも他プロバイダより高い点がデメリットです。

このため特にJCOMサービスの加入者でない場合、JCOMでWiMAXを契約する理由やメリットが無く、おすすめのWiMAXプロバイダではないというのが結論。

利用者の評判や口コミは良い?悪い?

JCOM WiMAX 2+の評判・口コミは?以上の説明の通り、JCOM WiMAX 2+はメリットが少ないためかJCOMでWiMAXサービスを契約中の利用者は多くなく、インターネット上の評判や口コミも多くありません。一方、JCOM NETのインターネット回線利用者は多く、以下でJCOM NET利用者がWiMAXをどのように併用しているかなどの評判・口コミ情報を紹介します。

JCOMのネット回線サービスの評判・口コミを確認すると良い内容より悪い内容が多い点に注意が必要です。

JCOMのインターネット回線と比較してWiMAXの方が速度が速いとの評判

JCOMのインターネット回線はあまり良い評判が無く、ネットの口コミを確認すると「速度が遅い」「障害が発生していて、ネットに接続できない」などの悪い口コミも。またJCOMとWiMAXの通信速度を比較した口コミを確認すると「WiMAXの方が速度が速い」との評判もあります。

JCOMと別に外出用にWiMAXを併用中との口コミも

JCOM利用者の評判は良くなく、JCOMを解約してWiMAX契約への切り替えを検討される方や、JCOM NETの料金が家賃に含まれるなどの理由で解約せずにWiMAXの端末を追加契約・併用中の方も多い様子が口コミから分かります。

※JCOM WiMAX 2+の評判や口コミ情報は、随時更新・追加しています。

まとめ:JCOM WiMAX 2+と比較して他のプロバイダ契約がおすすめ

以上、ポケットWiFi・WiMAXの契約ではJCOM WiMAX 2+以外にも多数のプロバイダがあり、JCOMと比較して安い月額料金やキャッシュバックキャンペーンなどがあるWiMAXプロバイダも多く、おすすめはJCOM WiMAX 2+以外のプロバイダ
 
以下で当サイトのWiMAXプロバイダおすすめランキングの上位2社を紹介します。

高額キャッシュバックキャンペーン特典が評判のGMOとくとくBB

GMOとくとくBBGMOとくとくBBは最大4万円の高額キャッシュバックキャンペーン特典で評判のWiMAXプロバイダ。GMOとくとくBBの月額利用料金はJCOM WiMAX 2+と同様に高額ですが、契約開始約1年後に振込されるキャッシュバックがあり実質負担費用は最安級のWiMAXプロバイダです。
 
ただし、GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーン特典受け取りには複雑な手続きが必要で、手続き間違えや、メールの確認忘れで受け取りできない場合に注意が必要と、やや悪い評判もあります。

月額料金が割引価格で安い!Broad WiMAX(ブロードワイマックス)

BroadWiMAX不安のあるキャッシュバックキャンペーンと比較して、確実にお得な月額料金の安いプロバイダ・Broad WiMAX(ブロードワイマックス)の利用。ギガ放題プランの月額利用料金が3,000円台の割引価格で、JCOM WiMAX 2+と比較して毎月約1,000円安い点がおすすめ理由。
 
また当サイト限定のAmazonギフト券プレゼントキャンペーンも利用でき、お得な費用でWiMAXを利用可能と口コミでも評判のプロバイダです。

当サイトはJCOM WiMAX 2+以外にもWiMAXプロバイダの最新情報を詳しく紹介中です。当サイト限定キャンペーン情報もぜひご確認ください!

【JCOM WiMAX 2+最新情報】
2021年2月でJCOM WiMAX 2+の新規申し込み受付が終了、WiMAXプロバイダとして新規で利用はできません。他のWiMAXのおすすめプロバイダについては下記よりご覧ください。
【料金プラン・キャンペーン最新情報】

※このページで紹介する料金・キャンペーン情報はJCOM WiMAX 2+の公式サイトの情報をもとに紹介しています。

JCOM WiMAX 2+についてよくある質問

最後にこのページの内容のまとめとして、JCOM WiMAX 2+についてのよくある質問を紹介します。

JCOM WiMAX 2+のおすすめ理由は?

JCOM WiMAX 2+をおすすめするとすれば、JCOM加入者向けの料金割引や充実した問い合わせサポートが理由。ただし割引料金でも他のWiMAXプロバイダと比較してJCOMの料金は高い上、使用できる端末が少ないなどおすすめできない理由も多い点に注意が必要です。

JCOM WiMAX 2+と他社プロバイダを比較して違いは?

JCOM WiMAX2+と他社プロバイダを比較して、JCOMのメリットは2年契約可能な点や充実した問い合わせサポート体制などがメリットの一方、月額料金が高い点や新規契約時に選べるルーター機器が1機種のみと少ない点が違いであり、デメリット。またJCOM加入者向けの割引料金以外、キャンペーンが無い点も他社と比較したデメリットです。

JCOM WiMAX 2+の評判・口コミは?

JCOMのケーブルテレビ利用者でもWiMAXはJCOM以外で契約中の場合も多いようで、JCOM WiMAX 2+の評判・口コミは少ないのが現状です。一方、JCOMのインターネットサービスに不満があり、他社WiMAXに乗り換えた方からは「JCOMよりWiMAXの方が通信速度が高速」などの良い評判を多数確認できます。

2021年7月当サイト限定WiMAXキャンペーン

CTA-IMAGE 2021年7月現在、当サイト・WiMAX比較ナビと公式プロバイダ・Broad WiMAXでAmazonギフト券によるキャッシュバックキャンペーンを実施中!WiMAXの契約は月額料金が安いBroad WiMAXがお得、またBroad WiMAXの契約は当サイト経由がおすすめ。当サイト限定&期間限定キャンペーンをお見逃しなく!
2021年7月当サイト限定キャンペーン!
Broad WiMAX申し込みでAmazonギフト券キャッシュバック!