WiMAXの2台目追加契約のメリット~料金を最安にする方法

WiMAXの2台目追加契約のメリット~料金を最安にする方法
当ページは広告を含みます

WiMAXの2台目契約のおすすめ理由とメリット

現在利用中のポケット型WiFi・WiMAXに満足している方ならWiMAXの2台目を契約、2台持ちもおすすめ。2台目契約だからと2台目の料金割引キャンペーンなどは少ない一方、1台目と2台目で契約プロバイダを変更するなどの方法で、1台目と同様に新規契約キャンペーンを利用、安い料金でWiMAXの追加契約も可能です。

WiMAXのサービスエリアや通信速度はどのプロバイダも同じ。キャッシュバックなど新規キャンペーンを利用した2台目の契約・申し込みがおすすめです!

このページではWiMAXの2台持ちを検討中の方向けに2台目契約のメリットとデメリット、1台目の利用プロバイダ別に2台目申し込みにおすすめプロバイダを料金プランやキャンペーン内容を比較・解説し、2台目の追加契約におすすめの方法を紹介します。

WiMAXの2台目追加契約と2台持ちのメリット

多くの方はWiMAXルーター1台で十分で2台目追加の必要はない一方、動画やオンラインゲームの長時間利用、仕事でのWiMAXの活用など、ルーター端末1台では不十分な場合も。月間通信容量無制限のWiMAX・ギガ放題プランでも、3日間の通信量合計10GB以上で速度制限がかかり、速度制限の回避方法で悩む場合もあります。

なお、2024年5月現在契約可能なWiMAXのギガ放題プラスプランには3日間で10GBまでの通信量制限がなく、通信量無制限で利用可能です。

またWiMAXのサービスに満足し、家族用に2台目のモバイルWiFiルーター機器を追加契約する場合も。インターネット環境の改善方法としても、WiMAXの2台持ちや複数回線を契約する方法はおすすめで、他の固定回線やポケット型WiFi・モバイルWiFiと比較して料金面のメリットもおすすめ理由です。

外出用モバイルルーターと2台目に自宅用ホームルーター端末の両方を併用

WiMAXの据え置き型ホームルーターSpeed Wi-Fi HOME 5G L13
2023年発売!WiMAXの5Gホームルーター
Speed Wi-Fi HOME 5G L13

外出先でも自宅でもインターネットを利用する場合、自宅用に光回線契約を追加する方法もありますが、回線工事費用や光回線の月額利用料金の費用負担(月額5,000円~6,000円)が増え、料金面がWiMAXとの比較でデメリット。
 
比較して外出先で利用するWiMAXのモバイルWiFiルーター端末に、自宅用の据え置き型WiMAXホームルーター端末を2台目に追加して両方を併用する方法もおすすめで、WiMAXのギガ放題プラスプランでホームルーター機器を追加すれば実質月額3,000円台で自宅用のインターネット回線を利用できます。

通信費用の節約なら「WiMAXと光回線」より「WiMAXの2台目を追加契約・併用」する方法がおすすめで、かつ1台目のモバイルWiFiルーターと2台目にはホームルーター端末の組み合わせが効果的!

簡単な設定でインターネットを利用できると人気・評判のホームルーター

光回線などの固定回線と比較して、端末が届き次第、簡単な設定でインターネットを利用できる点がWiMAXのホームルーターのメリットで、2台目に人気の理由。特に引っ越しの多い方には持ち運べば引っ越し先でもすぐに使えると評判です。
 
またモバイルWiFiルーター機種と比較して電波受信が安定するホームルーターは自宅利用におすすめで、自宅用のネット回線として2台目のWiMAXを追加契約する場合、モバイルWiFiルーターとホームルーターの両方の契約がおすすめです!

WiMAXのルーター端末の2台持ちで3日間10GBの通信速度制限を回避する方法

3日間10GBの通信量制限・速度制限に悩むデータ通信量の多い方にも、WiMAX・ギガ放題プランの追加契約がおすすめ。1台目のWiMAXルーター端末を利用、3日間10GBの通信量を超過したら2台目のルーターを使用し、2台目が速度制限にかかれば1台目に戻すなどの方法で、2台持ちなら3日間10GBの速度制限を回避してインターネットを利用できます。

なお、auの5Gに対応したWiMAXのモバイルWiFiルーターやホームルーターの最新機種を2台目に追加する場合は5G専用料金プラン・ギガ放題プラスの契約が必要ですが、3日間で10GBなどの制限なしで利用可能です。

他のポケット型WiFi・モバイルWiFiにはWiMAXのギガ放題プラスプランのような通信量無制限のサービスがない

WiMAXの2台目追加で、他のポケット型WiFi(ソフトバンク回線やドコモ回線のモバイルWiFiルーターなど)を2台目に追加、WiMAXと併用する方法も検討できますが、ギガ放題プラスプランのように通信量無制限で、通信速度も高速なポケット型WiFiサービスが他にありません。
 
ソフトバンクの4G LTE回線を利用するポケット型WiFiサービスには月間通信量無制限のオプションプラン・アドバンスオプションがありますが、これは特殊な通信・アドバンスモードが使い放題のオプション。アドバンスモード対応エリアが狭く、通信量無制限で利用できるのは一部エリアのみで、2台目には不向きです。
 
比較してWiMAXの5G対応料金プラン・ギガ放題プラスは、WiMAX回線やauの5G・4G LTE回線を通信容量無制限で利用できるプラン。対応エリアも広く、モバイルWiFiルーターは下り最大速度3.9Gbps・上り最大速度183Mbpsと高速で、他のポケット型WiFiサービスと比較してWiMAXのギガ放題プラスは人気のプランです。

1台目のWiMAXに満足で、インターネット通信量も多い場合、WiMAX以外のポケット型WiFiを2台目に追加するのと比較してWiMAXのギガ放題の2台持ち利用がおすすめ。データ通信量を最大化でき、安い料金がメリットです。

UQコミュニケーションズのWiMAX契約者だけのお得な2台目割引

UQ WiMAXのロゴ
UQコミュニケーションズのUQ WiMAX

WiMAXの2台目の追加契約に特別な割引やサービスはない一方、UQコミュニケーションズが提供するUQ WiMAXでの契約かつ旧WiMAXプランを利用中の場合のみ、費用がお得な2台目利用方法もあります。

家族分に2台目を安い費用で追加契約「ファミ得パック」

UQ WiMAXを利用中の場合に2台目の月額料金が安くなるオプションで、家族分の追加契約にメリットのある「ファミ得パック」。契約名義は同一で、1台目の月額利用料金3,696円に対して2台目のルーター端末を月額利用料金2,363円と、安い費用で利用できるオプションです。ただしWiMAX 2+料金プランを利用中の場合、2台目追加に「ファミ得パック」は利用できない点に注意が必要です。

2台のWiMAXルーターを使い分け「機器追加オプション」

WiMAXの回線契約は1つで、WiMAX内蔵パソコンとWiMAXルーター端末など2台のWiMAX搭載機器を使い分けて利用したい場合に便利なUQ WiMAXの「機器追加オプション」。ただし2台同時にインターネット接続はできず(同時利用には機器追加オプションとファミ得パックが必要)、WiMAX 2+プラン契約中の場合は利用できません

いずれもすでに新規契約できないUQ WiMAXの古い料金プランが対象の割引で、今後のWiMAXの2台目追加では利用できないオプションです。

2台同時契約ならBroad WiMAXのキャッシュバックキャンペーンもおすすめ

Broad WiMAXの2台同時申し込みキャンペーン2台目の追加契約ではなく、WiMAXのルーター端末を2台同時に新規契約する場合はBroad WiMAX(ブロードワイマックス)の2台同時お申し込みキャンペーンの利用もおすすめ。2台以上の同時申し込みでBroad WiMAXから5,000円がキャッシュバックされるキャンペーンです。

さらに、当サイト・WiMAX比較ナビ経由のBroad WiMAX申し込みの場合はAmazonギフト券キャッシュバックキャンペーンも適用され、1台につき1万円分のAmazonギフト券をキャッシュバック!Broad WiMAXなら安い料金で2台持ちが可能です。

1台目の契約状況次第では1台目を途中解約、当サイト経由のBroad WiMAXの2台同時契約がお得な場合も。Broad WiMAXの料金プランの詳細や当サイトのAmazonギフト券キャンペーンについては下記ページでご確認ください!

【2台目におすすめのキャンペーンも】

WiMAXの複数同時契約で確認が必要な注意事項やデメリット

WiMAXの2台目契約の注意点

通信量の多い方にメリットのあるWiMAXの2台持ちですが、2台目の料金比較の前に、2台目の追加利用やWiMAXの複数同時契約で確認が必要な注意事項・デメリットを解説します。

キャッシュバック・料金割引キャンペーンを利用できない可能性

一部WiMAXプロバイダの新規契約対象キャッシュバックキャンペーンや月額利用料金の割引キャンペーンは、過去に利用経験がある場合、2台目の申し込みでは適用対象外がデメリットで注意が必要。

以前のGMOとくとくBBやBIGLOBE WiMAXのキャッシュバックキャンペーンでは、過去にキャッシュバック適用済みの場合、2台目で同じキャンペーンは利用できませんでした。

2台目を家族名義で新規契約する場合、別途クレジットカードが必要

新規契約対象キャンペーンの特典適用対象とするため、家族名義など自分以外の名義で2台目のルーター端末を新規契約する方法も。家族など近しい間柄に限られますが、2台目を安い料金で利用可能な方法です。
 
注意点は、WiMAXのプロバイダ契約では契約者名義と料金支払い用のクレジットカード名義が一致する必要がある点。名義を借り、2台目の料金支払い用のクレジットカードまで借りる必要があり、やや難易度の高い方法です。

auスマートバリュー割引はスマホ1回線につきWiMAX1回線

auでスマホの契約がある場合、WiMAXの申し込みと同時にauスマートバリュー割引を利用可能で、auの利用料金から最大月額1,100円が割引されますが、auスマートバリューの割引適用はauの契約1回線につきWiMAX1回線
 
auの契約が1回線のみで、auスマートバリュー割引をWiMAXの1台目で適用済みの場合、WiMAXの2台目追加時にauスマートバリューを利用できない点も確認が必要な注意点です。

2台目を最安にする方法と料金比較のまとめ~おすすめはGMOとくとくBB WiMAX

WiMAXの2台目契約を最安にする方法

以下、WiMAXの2台目を追加契約、ルーター2台の合計利用料金を最安にする方法を比較、おすすめの方法をまとめて紹介します。1台目のWiMAXルーター端末を利用中のプロバイダ次第で、2台目を最安料金で追加する方法が違います。各ケースを確認、参考にしてください。

基本的におすすめはギガ放題プラスプランの料金が安い上、キャッシュバックキャンペーンもあるカシモWiMAXやGMOとくとくBB WiMAX。2台目の追加契約にもおすすめのWiMAXプロバイダです!

2台目の追加は、1台目と違うプロバイダで申し込み手続きがおすすめ

2台目の料金やWiMAXの2台合計料金を最安にするには、現在契約中の1台目と違うWiMAXプロバイダで追加する2台目の申し込みがおすすめ。理由は新規契約キャンペーンを利用できるからで、家族など別名義を使用し同一プロバイダで2台目のサービスを申し込む方法も可能ですが、基本的には違うWiMAXプロバイダの利用が確実に料金を安くする方法です。

また2台目で利用するWiMAXプロバイダはどこがおすすめかは、1台目のWiMAXのプロバイダをどこで申し込み手続きしたかで違います。

どのWiMAXプロバイダも同じインターネット接続サービス、対応エリアや回線速度も同じ

WiMAXを契約できるプロバイダは20社以上ありますが、どれも同じWiMAX回線やauの通信回線を利用するインターネット接続サービスを提供。利用する通信回線や速度、対応エリアは同じで、比較すると契約先や料金支払い先が違うだけです。
 
現在、1台目で問題なくWiMAXを利用中なら、2台目の契約・申し込みプロバイダが別でも同じ回線を利用するインターネット接続サービスなので、2台目も問題なく利用でき、1台目と違うプロバイダで2台目を検討しても問題ありません。

UQ WiMAXやヨドバシ・ヤマダ電機などの店舗契約は料金が高い

2台目の追加契約だけでなく1台目のWiMAX利用にも共通する注意点ですが、WiMAXの本家プロバイダ・UQ WiMAXは利用料金が高いためおすすめでありません。ギガ放題プラスプランの月額利用料金が高い上、端末購入も必要など、キャッシュバックなどのキャンペーンがある他プロバイダサービスと比較して高い費用です。
  
ヨドバシカメラやビックカメラ、ヤマダ電機など家電量販店店舗の契約もUQ WiMAXと同様、高い月額料金設定がデメリット。他プロバイダと比較して3年間の負担費用が数万円多い場合もあり、2台目の追加契約でも料金面でおすすめしません。

1台目の契約プロバイダ別!2台目WiMAXのおすすめプロバイダ【2024年5月最新】

UQ WiMAXや家電量販店の契約は料金プランが高いことを前提に、1台目の利用プロバイダ別に2台目の追加利用でおすすめのWiMAXプロバイダを、料金・キャンペーンやおすすめ理由を比較しつつ2024年5月の最新情報をもとにまとめます。

GMOとくとくBB WiMAXなら2台目も安い月額料金でキャッシュバックキャンペーンも適用可能

GMOとくとくBB1台目がGMOとくとくBBの場合も、GMOとくとくBB以外のプロバイダ契約の場合も、2024年5月に安い料金でWiMAXの2台目を契約したい場合はGMOとくとくBBがおすすめ。ギガ放題プラスプランが初月月額利用料金1,375円(税込)と割引価格で安い上、当サイト限定のキャシュバックキャンペーンも適用でき、他のWiMAXプロバイダと比較して最安級の総額費用がメリットで、2台目の追加契約にもおすすめのプロバイダです。

下り最大速度3.9Gbpsの5G対応モバイルルーター最新機種やホームルーター端末を利用可能
WiMAXの5G対応ルーター・Speed Wi-Fi 5G X12
下り最大速度3.9Gbps(3,900Mbps)対応!
WiMAXの5G対応ルーター・Speed Wi-Fi 5G X12

GMOとくとくBBを利用、2台目のWiMAXを追加するメリットの1つがルーター最新機種の利用。2023年発売のNEC製モバイルルーター最新機種で下り最大速度3.9Gbps(3,900Mbps)・上り最大速度183Mbps対応のSpeed Wi-Fi 5G X12端末も、他のプロバイダと比較して安い料金で2台目として契約可能です。
 
またWiMAXのホームルーター最新機種でauの5G回線に対応、下り最大速度4.2Gbps・上り最大速度286Mbps対応のSpeed Wi-Fi HOME 5G L13端末もおすすめで、GMOとくとくBBなら新規契約時の即日無料発送の対象です。

当サイト経由の契約申し込みでは公式サイトにないAmazonギフト券キャンペーンも利用可能

GMOとくとくBB WiMAX・当サイト限定Amazonギフト券キャッシュバックまた当サイト経由でGMOとくとくBB WiMAXを契約する場合、公式サイトにない特典金額2万円の当サイト限定キャンペーン(Amazonギフト券17,000円分キャッシュバック+現金3,000円キャッシュバック)も利用可能で、2台目の追加契約の場合も適用対象。GMOのとくとくBBの公式サイトと比較しても安い料金で2台目の申し込みが可能なキャンペーンで、2台同時申し込みの場合も2台分のキャッシュバック特典を受け取り可能です。

2台目にau 5G回線対応のモバイルWiFiルーターやホームルーターの最新機種を契約したい場合、月額料金プランが安い上、即日発送で端末到着も早いGMOとくとくBB WiMAXが2台目契約におすすめのプロバイダです。

GMOとくとくBB WiMAXの月額料金プランや当サイト限定キャッシュバックキャンペーンの詳細は下記ページでご確認ください!

【月額料金最安級で2台目契約におすすめ】

1台目を口座振替で利用中の場合、2台目はBIGLOBE(ビッグローブ)WiMAXがおすすめ

BIGLOBE WiMAXの限定特典!申込手数料0円+16,300円キャッシュバック1台目の料金支払い方法が口座振替で、2台目の料金も口座振替で支払いたい場合、支払い方法がクレジットカードのみのGMOとくとくBBはおすすめできません。この場合は口座振替に対応したBIGLOBE(ビッグローブ)WiMAXで2台目申し込みがおすすめです。
 
BIGLOBE WiMAXは口座振替に対応可能な他のプロバイダと比較して安い料金がおすすめで、当サイト経由の申し込みの場合はBIGLOBE公式サイトにはない当サイト限定のキャッシュバックキャンペーンも利用可能。キャッシュバック特典は最短翌月に受け取り可能で、解約違約金無料で契約期間の縛りなしも他と比較して2台目の追加契約におすすめの理由です!
 
2台目の追加契約も適用対象のBIGLOBE(ビッグローブ)WiMAXの当サイト限定キャンペーンの詳細は下記ページでご確認ください!

【口座振替対応&限定キャッシュバック!】

2台目をキャッシュバックなし追加契約したい場合はカシモWiMAXがおすすめ

カシモWiMAX・Amazonギフト券23,000円分プレゼント

WiMAXの2台目契約を検討中の方には、キャッシュバックは受け取り手続きが面倒で、キャッシュバックなしでも安いプロバイダを探す方も。この場合、キャッシュバックキャンペーンなしでも料金が安いカシモWiMAXで2台目の申し込みがおすすめです。
 
カシモWiMAXはギガ放題プラスプランの初月月額料金が1408円(税込)など、キャッシュバックキャンペーンなしでも安い月額料金が評判のプロバイダで、GMOとくとくBBやBIGLOBEと比較してWiMAXの2台目のルーターをキャッシュバックキャンペーンなしで申し込みたい方におすすめ。また当サイト経由のカシモWiMAXの申し込みの場合は当サイト限定のAmazonギフト券キャンペーンも利用でき、安く2台目を追加契約できます!
 
カシモWiMAXのキャンペーン最新情報は下記のページもご覧ください!

【キャッシュバックなしでも安い】

以上、WiMAXの2台目追加契約で2台合計料金を最安にする方法やおすすめのプロバイダ・キャンペーン情報を紹介しました。

結論をまとめると、当サイト・WiMAX比較ナビのおすすめプロバイダのGMOとくとくBBやBroad WiMAXを組み合わせ、下記の2台目・複数回線契約が料金比較結果からおすすめです。

1台目利用プロバイダ 2台目利用プロバイダ
GMOとくとくBB WiMAXなど 2024年5月の料金比較で最安級のGMOとくとくBBでの2台目契約がおすすめ
BIGLOBE(ビッグローブ)WiMAXなどで料金支払い方法が口座振替の場合 2台目の契約も口座振替に対応可能なBIGLOBE(ビッグローブ)WiMAXがおすすめ
GMOとくとくBBやBIGLOBE(ビッグローブ)WiMAX2+、So-net WiMAX、@nifty(ニフティ)WiMAXなどでキャッシュバックキャンペーンを利用 2台目ではキャッシュバックを避けたい場合、キャッシュバックキャンペーンなしでも安いカシモWiMAXがおすすめ

WiMAXの2台目契約でもおすすめのGMOとくとくBBやBIGLOBE、カシモWiMAXはルーター最新機種を利用でき、当サイト・WiMAX比較ナビ限定のキャッシュバックキャンペーンも利用可能!WiMAXの最新キャンペーン情報は下記ページでご確認ください。

【2台目契約におすすめのキャンペーンも】

WiMAXの2台目追加契約についてよくある質問

最後にこのページのまとめとして、WiMAXの2台持ちや2台目の追加契約でよくある質問を紹介します。

WiMAXの2台持ち・複数契約はなぜおすすめ?

通信量の多い方には2台持ちがおすすめで、2台目があればWiMAXのギガ放題プランでも注意が必要な3日間で10GBの制限を回避する使い方が可能です。また外出用のモバイルルーターに加え、自宅用にWiMAXのホームルーターを2台目として端末を複数契約、両方を併用する方もいます。

お得な2台目の契約方法は?

2台目契約の割引キャンペーンなどはない一方、1台目と違うWiMAXプロバイダを契約する方法なら新規契約対象のキャッシュバックキャンペーンなどを利用でき、おすすめ。逆に1台目と同じプロバイダで2台目を契約する場合、同じキャンペーンを利用できず、安く契約できない場合もあります。

2台目の追加契約におすすめのWiMAXプロバイダは?

2台目の追加契約におすすめのWiMAXプロバイダは1台目の契約プロバイダで違います。キャッシュバックなどの新規契約対象キャンペーンを利用するには1台目と違うプロバイダがおすすめですが、月額料金プランが安い上に2台目でもキャッシュバックキャンペーンを利用できるGMOとくとくBBは2台目契約にもおすすめで、2台とも安い料金で利用できます。

2024年5月当サイト限定WiMAXキャンペーン

CTA-IMAGE 2024年5月、当サイト・WiMAX比較ナビと公式プロバイダ・カシモWiMAXでAmazonギフト券によるキャッシュバックキャンペーンを実施中!WiMAXの契約は実質月額料金が安いカシモWiMAXがお得で、カシモWiMAXの契約は当サイトがおすすめ。当サイト限定&期間限定キャンペーンをお見逃しなく!
2024年5月当サイト限定キャンペーン!
カシモWiMAX申し込みでAmazonギフト券キャッシュバック