どこよりもWiFiの評判・口コミやWiMAXなど他サービスとの比較

どこよりもWiFiの評判・口コミやWiMAXなど他サービスとの比較

どこよりもWiFiの評判・口コミと利用メリット

他のポケットWiFiサービスは月間データ通信容量100GBの料金プランが多いのと比較して、月間200GBの大容量プランを契約できる点がどこよりもWiFiが口コミで評判の理由で、特にデータ通信量の多い方におすすめのポケットWiFiサービス。

また以前はドコモ・ソフトバンク・auのLTE回線を利用可能なクラウドSIMに対応したポケットWiFiで広いエリアで電波に繋がるサービスで、どこよりもWiFiが人気・おすすめのポケットWiFiサービスである理由の1つでしたが、2021年7月現在はドコモSIMを利用するポケットWiFiを提供しています。

このページでは、WiMAXなど他のポケットWiFiサービスとの比較でどこよりもWiFiのおすすめ理由やメリットを解説、利用者の評判・口コミや、契約前に知っておきたい注意点やデメリットも紹介します。

どこよりもWiFiの良い評判・口コミ~おすすめ理由や利用メリット

どこよりもWiFiの良い評判・口コミとおすすめ理由

ドコモのLTE回線に対応、広いエリアで繋がりやすいと口コミで評判のクラウドSIM対応のポケットWiFiサービス。比較して、現在のどこよりもWiFiはドコモのLTE回線のみに対応したポケットWiFiですが月額料金が割安な大容量プランもあり、特に通信容量の多いポケットWiFiを探す方におすすめのサービスです。

最初に、どこよりもWiFiの良い評判・口コミとともに、おすすめ理由や利用メリットを紹介します。

データ通信容量200GBまでの段階定額制の料金プランが口コミで良い評判

他のポケットWiFiサービスでは月間データ通信容量100GBの料金プランが主流なのと比較して、どこよりもWiFiが口コミで良い評判の理由は最大200GBまでの段階定額制の料金プラン。2021年7月現在、どこよりもWiFiでは通信容量最大100GBと200GBの2つの料金プランを選べますが、実際のインターネット利用量で請求金額が変わり、通信量の少ない月は請求額も安い点がおすすめです。

また、通信量の多い方には月間100GBプランが主流の他のポケットWiFiサービスと比較して、月間200GBの大容量プランを契約できる点がどこよりもWiFiのおすすめ理由です。

ギガを無駄にしない!どこよりもWiFiでおすすめの段階定額制の月額利用料金

2021年7月現在、どこよりもWiFiで契約可能な料金プランは段階定額制の月額利用料金プラン。他のポケットWiFiでは実際のインターネット使用量にかかわらず100GB分の料金の支払いが必要ですが、どこよりもWiFiの場合はインターネット使用量に応じて支払金額が変わり、ギガ数を無駄にしない点がおすすめと口コミでも評判です。

どこよりもWiFiの月額利用料金は以下の表で、月間通信量最大100GBのスタンダードプランと最大200GBのプレミアムプランがあり、それぞれ2年契約の2年割適用プランと、契約期間の縛りなしで利用できる通常料金プランから選べる点がどこよりもWiFiの特徴です。

参考までに、クラウドSIM型ポケットWiFiで人気のMugen WiFi、高速・月間通信量無制限で評判のWiMAXの月額料金も比較します。

プラン 月間データ容量 月額料金(税込)
どこよりもWiFi・スタンダードプラン(最大100GB)※契約期間2年・2年割適用時 ~5GB 900円
~20GB 1,900円
~50GB 2,900円
~100GB 3,400円
どこよりもWiFi・プレミアムプラン(最大200GB)※契約期間2年・2年割適用時、使用量100GB以下の料金はスタンダードと同じ ~150GB 3,900円
~200GB 4,400円
どこよりもWiFi・スタンダードプラン(最大100GB)※契約期間の縛りなし・通常料金 ~5GB 1,400円
~20GB 2,400円
~50GB 3,300円
~100GB 3,900円
どこよりもWiFi・プレミアムプラン(最大200GB)※契約期間の縛りなし・通常料金、使用量100GB以下の料金はスタンダードと同じ ~150GB 4,400円
~200GB 4,900円
参考:Mugen WiFi 100GB 3,450円(実質)
参考:Broad WiMAX・ギガ放題プラン 無制限 3,753円~

他ポケットWiFiサービスにない200GBの大容量プランがメリットで、口コミで評判の良い理由

どこよりもWiFの他にドコモ・ソフトバンク・auのLTE回線を利用できるクラウドSIM対応のポケットWiFiサービスもありますが、多くが月間データ通信容量100GBプランの提供のみ。比較して、どこよりもWiFiは自分の通信量次第で料金が変わる点がメリットで、特に他のポケットWiFiサービスにない月間最大200GBの大容量プランを契約できる点が口コミで評判の良い理由の1つです。

対応エリアの広いポケットWiFiが良いが、月間容量100GBでは不安」な方に、ドコモ回線を利用可能などこよりもWiFiの200GBプランの契約はおすすめです。

契約期間の縛りなしで使える、月間最大100GB・200GBプランもおすすめ

また、どこよりもWiFiが口コミで評判の理由の1つが、契約期間の縛りなしでも使える点。契約期間2年の2年割適用時と比較して月額料金プランは高い一方、短期で使える大容量のポケットWiFiを探す方には、どこよりもWiFiの月間最大100GB・200GBプランを縛りなしで利用するのもおすすめです。

どこよりもWiFiを契約期間の縛りなしで契約すれば、いつでも違約金不要でポケットWiFiを解約できる点がメリットで、また月により通信量が大きく違う方には段階定額制のどこよりもWiFiは特におすすめのポケットWiFiです。

※どこよりもWiFiの解約は、解約申請月の翌月末付の解約のため、申請後すぐに解約できない点には注意が必要です。

どこよりもWiFiを割引料金で利用できるプランは契約期間2年でサービスの途中解約に違約金が必要

いつでも解約しやすい、どこよりもWiFiの通常料金プランと比較して、月額料金が安い2年割適用プランは契約期間2年のサービスで、契約期間満了後は2年契約が自動更新されます。なお、契約期間2年未満の途中解約には違約金10,450円が必要です。

ドコモ・ソフトバンク・auのLTE回線に対応したクラウドSIMで広いエリアで利用できると評判

クラウドSIM対応のポケットWiFiサービスが口コミで評判の理由は、ルーター端末をドコモ・ソフトバンク・auのLTE回線対応エリアで利用可能な点。利用場所により、ドコモ・ソフトバンク・auの各回線から最も繋がりやすい回線に自動接続される点がクラウドSIMの特徴で、広いエリアで電波に繋がりやすい点がおすすめ理由です。

以前のどこよりもWiFiもクラウドSIM対応のポケットWiFiルーター端末を提供していましたが、2021年7月現在はドコモのSIMを使用、ドコモのLTE回線対応エリアで使用できるポケットWiFiルーター端末によるサービスに変更されました。

WiMAXなど他のポケットWiFiサービスと比較して利用可能エリアが広いと評判

例えば、ソフトバンクのポケットWiFiで利用可能なのはソフトバンクのLTE回線のみで、また人気ポケットWiFiサービス・WiMAXの場合も利用できるのはWiMAX 2+回線とauのLTE回線のみ。比較して、クラウドSIMのポケットWiFiは広い提供エリアが評判で、特に地方のWiMAX回線の圏外エリアなどでポケットWiFiを利用したい方には、クラウドSIMのポケットWiFiサービスはおすすめです。
 
一方、2021年7月現在のどこよりもWiFiは対応エリアが広いと口コミでも良い評判のドコモのLTE回線を利用できるポケットWiFi。ドコモのLTE回線の電波を受信できるエリアではどこよりもWiFiも利用可能です。

他のクラウドSIM型ポケットWiFiの場合、海外でも利用できる点がメリット

また他のクラウドSIM型ポケットWiFiサービスは、日本国内に加えて海外でもルーター端末を利用してインターネットに接続できる点もメリット。使用中のルーター端末を海外旅行などでも持ち歩き、海外現地で電源を入れるだけで自動で最適な通信回線に接続します。

以前のどこよりもWiFiを契約中の場合も海外用のポケットWiFiレンタルが不要で、定期的に海外に渡航される方から口コミでも良い評判でしたが、2021年7月現在のどこよりもWiFiのルーター端末の場合は海外で利用できない点に注意が必要です。

なお、どこよりもWiFiの海外利用では月額料金のほかに、1日あたり858円(通信容量500MB)の海外利用料金が必要で、無料のサービスではありません。

下り最大通信速度150Mbps対応のルーター端末を無料で利用できる点もメリット

2021年7月現在のどこよりもWiFiの契約では、ドコモ回線を利用可能なモバイルルーター・JT101端末が無料で貸与される点がメリット。なお、端末の通信速度は下り最大速度150Mbps対応で、クラウドSIMのポケットWiFiとは違い、端末内部にSIMカードが必要な端末です。

どこよりもWiFiで使用するJT101端末のスペック情報

どこよりもWiFiで使用するJT101端末のスペック情報は以下の表の通りです。以前までどこよりもWiFiも提供していたクラウドSIM対応のU3機種との比較で紹介します。

どこよりもWiFiの使用端末 JT101 U3
製品画像 ルーター・JT101端末 ルーター端末・U3
SIM docomo SIM(ドコモのLTE回線に対応) クラウドSIM(ドコモ・ソフトバンク・auのLTE回線に対応)
下り最大通信速度 150Mbps 150Mbps
上り最大通信速度 50Mbps 50Mbps
バッテリー容量 2,700mAh 3,000mAh
重量 約90g 約125g
【口コミでも評判のポケットWiFi!】
どこよりもWiFiは利用者の口コミも多く、特に他のポケットWiFiに少ない月間通信量200GBの大容量プランが評判のサービス。通信量の多い方におすすめのポケットWiFiで、最短申し込み当日の発送でルーター端末がすぐ届く点もおすすめです!

悪い評判や口コミは?どこよりもWiFiの注意点やデメリット

どこよりもWiFiの悪い評判・口コミやデメリット

ドコモ・ソフトバンク・auのLTE回線に対応、広いエリアに電波に繋がりやすい上に月間通信容量200GBプランもあるどこよりもWiFiは良い評判・口コミも多いサービスですが、中にはやや悪い内容の評判や口コミも。以下、どこよりもWiFiの契約前に知っておきたい注意点やデメリットとして紹介します。

通信速度が遅いとの評判・口コミに注意が必要

利用する場所や時間帯にもより、どこよりもWiFiのルーター端末の通信速度が遅いとの評判・口コミもある点がデメリット。どこよりもWiFiで使用するルーター端末の速度スペックは下り最大速度150Mbpsで、WiMAXのモバイルルーターなどと比較して遅いため、通信速度を重視する場合は注意が必要です。

WiMAXで使用する下り最大2.2Gbps(2,200Mbps)対応のモバイルルーター端末と比較してどこよりもWiFiは遅い

Galaxy 5G mobile Wi-Fi
WiMAXの5G対応ルーター・Galaxy 5G mobile Wi-Fi
下り最大速度2.2Gbps対応の高速通信が可能

比較して、高速通信で評判のWiMAXの場合、使用できるモバイルルーター最新機種Galaxy 5G mobile Wi-Fiは下り最大速度2.2Gbps(2,200Mbps)、上り最大速度183Mbps対応。auの5G回線に接続可能で利用者の口コミでも「速度が高速」など評判の良いルーター端末です。
 
またドコモやソフトバンクで契約できる5G対応のポケットWiFiルーター端末と比較しても、どこよりもWiFiの端末は速度が遅いため、通信速度重視の方には5G対応のWiMAXなど他社のモバイルルーターがおすすめです。
 
【参考】WiMAXなど5G対応ポケットWiFiルーターのおすすめ比較

どこよりもWiFiと比較して、WiMAXは通信速度が高速でギガ放題プランを契約すれば月間通信量無制限で利用できる点もメリット。どこよりもWiFiは、WiMAXの圏外エリアで利用予定の方向けのポケットWiFiです。

データ容量上限を超過すると速度制限で、それ以上は通信できない

どこよりもWiFiでは大容量の200GBプランが人気・評判ですが、月間データ容量の上限を超過すると速度制限がかかり、それ以上はインターネット通信を利用できない点はデメリットで、大容量でも、WiMAXのギガ放題プランのような無制限でない点に注意が必要。どこよりもWiFi利用中に速度制限を避けるには、ルーター端末を使って定期的な通信量の確認が必要です。

ルーター端末の通信速度が最大128Kbpsまで低下、翌月1日まで制限は解除されない

契約中のプランにより月間データ通信容量の上限が違いますが、どこよりもWiFiの各契約プランの通信容量上限を超過すると、ルーター端末の通信速度が最大128Kbpsまで低下、ほぼインターネットを利用できなくなります。また速度制限がかかると月末まで速度が遅い状態が続き、翌月1日まで解除されない点にも注意が必要です。

段階制の料金プランで思わず使いすぎてしまう可能性も

どこよりもWiFiは段階制の料金プランでギガを無駄なく使える点がメリットの一方、通信量の少ないプランを希望する方は注意が必要。どこよりもWiFiで月間20GBや50GBを使うこともできますが、思わず使いすぎてしまうと請求金額が上がる点がデメリットです。

月間データ通信容量が100GBで十分な場合や、50GB以下で十分な場合は、それぞれどこよりもWiFiと比較して月額料金の安いMugen WiFiやゼウスWiFiなどおすすめのポケットWiFiが他にもあります。

どこよりもWiFi以外でおすすめのクラウドSIM対応ポケットWiFiについては、別記事「クラウドSIMのおすすめポケットWiFiサービスを徹底比較」でも詳しく紹介中です。

ルーター端末は無料レンタル扱いで解約時に返却が必要な点がデメリット

どこよりもWiFiの契約では、ルーター端末JT101が無料提供されますが、端末はレンタル扱いで解約時に返却が必要な点がデメリット。解約後、指定日までに端末を返却しないと追加で月額料金がかかる可能性があるほか、紛失時は19,800円の機器損害金が請求される場合に注意が必要です。

まとめ:どこよりもWiFiをおすすめする方とサービス利用までの流れ

以上、どこよりもWiFiのおすすめ理由やメリット・デメリットを、利用者の評判・口コミと併せて紹介しました。紹介した内容のまとめとして、どこよりもWiFiの契約・利用をおすすめする方は以下のような方です。

  • 地方などWiMAXの圏外エリアでルーター端末を利用予定の方
  • 大容量ポケットWiFiをお探しの方、どこよりもWiFiの月間データ通信量200GBプランを契約したい方(100GB以下のプランの場合、他サービスとの料金比較がおすすめ)
  • 契約期間の縛りなしでポケットWiFiサービスを利用したい方

上記に合致する方には、どこよりもWiFiはおすすめと口コミでも評判のサービス。なお、どこよりもWiFiに申し込み、サービスを利用するまでの流れは以下の通りです。

1. どこよりもWiFi公式サイトで申し込み(料金支払い用のクレジットカードが必要)

どこよりもWiFiの申し込みは公式サイトからのWEB申し込みになります。なお、どこよりもWiFiの月額料金の支払い方法はクレジットカードのみで、契約時には必ずクレジットカードが必要です。

2. 指定日に端末発送

どこよりもWiFiでは申し込み時に自分で端末発送日を指定できる点がメリット。最短で申し込み当日も指定でき、届け先エリア次第ですが発送日から1日から3日で端末が到着します。

3. 端末到着後に設定・利用開始~初期契約解除制度への対応で安心!

端末到着後に簡単な初期設定をするだけでルーター端末・インターネットを利用開始できます。なお、どこよりもWiFiは初期契約解除制度に対応、機器到着から8日以内に申請すれば初期費用・月額料金・解約金のすべてが0円(無料)で解約可能な点もメリットです。

どこよりもWiFiは、契約前に実際の通信速度や電波の受信状況を確認できない点がデメリットですが、最悪の場合もすぐに解約すれば一切費用がかからず、無料でお試し可能な点は安心で、口コミで評判の良い理由の1つです。

なお、当サイト・WiMAX比較ナビではどこよりもWiFi以外のおすすめポケットWiFiやWiMAXの料金プラン・キャンペーンの最新情報を紹介中です。他のサービスにも興味のある方は、ぜひ下記記事もご覧ください!

【おすすめポケットWiFiは他にも!】

2021年7月当サイト限定WiMAXキャンペーン

CTA-IMAGE 2021年7月現在、当サイト・WiMAX比較ナビと公式プロバイダ・Broad WiMAXでAmazonギフト券によるキャッシュバックキャンペーンを実施中!WiMAXの契約は月額料金が安いBroad WiMAXがお得、またBroad WiMAXの契約は当サイト経由がおすすめ。当サイト限定&期間限定キャンペーンをお見逃しなく!
2021年7月当サイト限定キャンペーン!
Broad WiMAX申し込みでAmazonギフト券キャッシュバック!