テレワーク・リモートワークにはポケット型WiFiが便利でおすすめ

テレワーク・リモートワークにはポケット型WiFiが便利でおすすめ

テレワークでおすすめのポケット型WiFi

働き方改革などで導入企業が増えるテレワークやリモートワーク。在宅勤務の自宅に十分なWiFi・インターネット通信環境がなければ仕事も捗らない一方、固定ネット回線の契約の場合は回線工事などの手間や期間が必要です。
 
このページでは、テレワーク・リモートワーク向けに便利なポケット型WiFiを紹介、テレワークのネット環境にWiMAXなどポケット型WiFiルーターの利用をおすすめする理由や、おすすめのポケット型WiFiサービスなど、テレワークの仕事やWiFiの選び方に役立つ最新情報を紹介します。

2022年5月、急ぎでテレワーク用のポケット型WiFiルーターの契約が必要な場合は、当サイトのおすすめ方法をまとめた「仕事用のテレワーク・リモートワーク環境が必要な方へ」をご確認ください!

コンテンツ

テレワーク・リモートワークにポケット型WiFiルーターをおすすめする3つの理由

テレワークにポケット型WiFiルーターは本当におすすめ?

テレワーク・リモートワークに必要なWiFiやインターネット環境。急な在宅勤務でインターネット通信手段がスマホのテザリング以外になかったり、よく接続が途切れるなど通信品質が不安定で回線速度も遅いネット環境では、テレワークの仕事も捗りません
 
そこで当サイト・WiMAX比較ナビのおすすめはポケット型WiFiルーターの利用。自宅のテレワーク・在宅勤務に加え、電波を受信できるエリアならどこでもネット回線に接続でき、リモートワークで仕事可能な点がメリットで、社会人なら1台契約すると便利なモバイルルーターサービスです。
 
以下、当サイトがテレワークのネット通信環境としてポケット型WiFiやWiMAXのモバイルルーターの利用をおすすめする3つの理由を紹介します。

回線工事不要でテレワーク・在宅勤務のインターネット環境を導入できる方法

急な在宅勤務でも自宅のインターネット手段がスマホのテザリングだけでは、テレワークの仕事は難しい一方、フレッツ光など自宅用インターネット固定回線の契約には回線開通工事が必要で、インターネット利用開始まで時間がかかります。
 
そこでテレワークにおすすめがポケット型WiFiルーターを契約する方法。WiMAXなどポケット型WiFiサービスの契約は回線工事が不要で、端末が自宅に届けば簡単にテレワーク用のインターネット環境ができる点がメリットです。

テレワークや在宅勤務でスマホのテザリング以外に自宅のインターネット環境がない、インターネットが遅い・不安定な場合も、ポケット型WiFi契約はすぐにネットを利用可能な点がおすすめ。端末のレンタルでお試ししやすい点もメリットです。

固定回線と違い、ポケット型WiFiは自宅以外のテレワークにも使用できる

またフレッツ光など固定通信回線の場合、自宅のインターネットにしか利用できない一方、ポケット型WiFiサービスを契約してモバイルWiFiルーターを利用すれば、自宅に加えて外出先のテレワークでもインターネットを使用可能でおすすめ。
 
テレワーク中に自宅やカフェでの仕事や、お客さまのオフィスでもインターネットを利用でき、ポケット型WiFiならどこでもインターネットに接続可能で、テレワークでもさまざまな働き方が可能です。

ポケット型WiFiサービスは固定通信回線と比較して安い月額利用料金がおすすめ

フレッツ光などの固定インターネット回線の月額利用料金は5,000円~6,000円。それ以外に開通工事費用や自宅用の無線WiFiルーターの購入など、テレワーク用のインターネット環境導入に費用がかかるのと比較して、WiMAXなどポケット型WiFiサービスの場合は月額利用料金4,000円台です。
 
回線工事不要、安い費用で自宅・外出先などどこでもテレワークやリモートワークで仕事可能な点も、ポケット型WiFi利用のおすすめ理由です。

スマホのテザリングと比較して安い費用もテレワークにおすすめの理由

スマホのテザリングを使用する方法と比較しても、テレワークにはポケット型WiFiルーターを利用する方法がおすすめ。通信回線が安定・高速に加え、月間データ量無制限で使えるWiMAXのギガ放題プランが月額料金4,000円前後など安い費用もポケット型WiFiのおすすめ理由です。

テレワーク向けのおすすめポケット型WiFiの選び方や比較ポイント

テレワークにおすすめのWiFiルーターの選び方や比較のポイント

一方、WiMAXなどポケット型WiFiサービスは数が多く、どれがテレワークやリモートワークにおすすめかの比較・検討が必要です。以下、データ通信容量や使用するモバイルルーター・回線の通信速度、月額料金など、テレワーク向けポケット型WiFiのおすすめの選び方や、比較すべき3つのポイントを紹介します。

ビデオチャットも利用できる大容量・高速な通信速度のWiFiルーターか?

テレワーク向けのポケット型WiFi契約の確認点が、料金プランのデータ通信容量や使用するWiFiルーター端末の通信回線速度。特にテレワーク・在宅勤務中の会議でZoomなどのビデオチャットを利用する場合、大容量で高速な通信速度のポケット型WiFiルーターの利用がおすすめです。
 
通信速度比較ではLTE回線を使うポケット型WiFiよりWiMAXがおすすめで、auの5G回線も接続可能なモバイルルーター最新機種は下り最大速度2.7Gbps(2,700Mbps)対応など他ポケット型WiFiと比較して高速インターネット通信を利用可能。テレワークのネット環境で通信速度重視ならWiMAXのモバイルルーターがおすすめです。

テレワーク中のビデオ会議の推奨速度環境やデータ通信容量の目安

ポケット型WiFiの料金プラン選びで、テレワーク向けにどの程度のデータ通信容量や速度のルーター端末がおすすめかの目安が以下の表。ビデオ会議で多く使用されるZoomやSkype、Googleハングアウトの各公式サイト情報から推奨速度環境やテレワーク用のポケット型WiFiに必要なデータ通信容量の目安をまとめました。

テレワーク中のビデオ会議の時間や使用ツール次第ですが、おすすめは月間データ通信容量30GB以上のポケット型WiFi契約。また速度は高速な方が良い一方、ビデオ会議は数Mbpsあれば十分です。
テレワーク中の主なビデオ会議ツール 下り・上り通信速度(推奨) 1時間あたりのデータ通信容量 1日2時間使用した場合の1ヶ月の通信容量目安
Zoom(映像+音声) 0.6~1.2Mbps/0.6Mbps 約0.4GB 約16GB
Skype(映像+音声) 1.5~4Mbps/0.5~1.5Mbps 約1GB 約40GB
Googleハングアウト 3.2Mbps/3.2Mbps 約0.7GB 約28GB
一般的な動画視聴(中画質) 約0.3GB 約12GB

※必要なデータ通信容量は同時通話人数などでも変動するため、あくまで目安です。

テレワーク・在宅勤務の自宅はポケット型WiFiの電波を受信できる対応エリア内?

ポケット型WiFiサービスが、安い料金でインターネット通信を導入できる方法でも、テレワーク・在宅勤務の自宅が通信回線の電波を受信できる対応エリアの圏外では意味がなく、ポケット型WiFiの契約では事前のエリア確認が重要。
 
例えば、ソフトバンクの携帯・スマホを契約中の場合はソフトバンクのLTE回線を利用するポケット型WiFiの契約が安心でテレワークにおすすめ。携帯・スマホでソフトバンクLTE回線の電波を受信できれば、ポケット型WiFiサービスも利用可能です。
 
比較して、人気ポケット型WiFi・WiMAXの場合、電波状況を詳しく確認できる「サービス提供エリアマップ」の利用がおすすめで、テレワーク前にネットで簡単に通信回線の対応エリアを調べられます。

キャンペーンも含めて比較、安い実質価格で利用可能なポケット型WiFiか?

最後にポケット型WiFi契約で重要な料金プランの比較。テレワークや在宅勤務など仕事で必要なものは安い価格以上にサービスの品質が重要ですが、とは言え契約期間が2年~3年縛りのポケット型WiFiなら利用料金も時間をかけて比較がおすすめです。
 
特に人気ポケット型WiFi・WiMAXの場合、契約できるプロバイダが20社以上。プロバイダにより月額料金やキャッシュバックなど利用可能なキャンペーン内容に違いがあり、キャンペーン特典金額も含む実質負担価格の料金比較が重要です。

テレワーク向けのおすすめポケット型WiFi3選

通信回線の速度、対応エリア、料金の比較から、テレワーク・リモートワーク向けにおすすめのポケット型WiFiサービスは、高速通信が可能なWiMAXのモバイルルーターかホームルーター、または広いエリアでネットが使えるポケット型WiFi・Mugen WiFiの3つのサービス。
 
以下、各サービスの特徴やテレワークにおすすめする理由を紹介します。

WiMAXのモバイルWiFiルーターSpeed Wi-Fi 5G X11~下り最大速度2.7Gbps対応の最新機種

Speed Wi-Fi 5G X11
WiMAXの5G対応ルーター・Speed Wi-Fi 5G X11
下り最大速度2.7Gbps対応の高速通信が可能

テレワーク用のポケット型WiFiでおすすめが、WiMAXのモバイルWiFiルーター最新機種でWiMAX回線とauの4G LTE・5G回線に接続可能なSpeed Wi-Fi 5G X11。下り最大通信速度2.7Gbps(2,700Mbps)、上り最大通信速度183Mbps対応の端末で、他のポケット型WiFiや一般的な固定光回線と比較して高速な通信速度が口コミでも評判の機種です。
 
WiMAXの5G対応プランで月間データ通信容量無制限のギガ放題プラスを契約し、Speed Wi-Fi 5G X11機種を利用すれば、在宅勤務でも快適なテレワークが可能。特に5G対応エリアが拡大中の都市部でのテレワーク利用におすすめのポケット型WiFiルーター端末です。

WiMAXの5G対応WiFiルーターは固定インターネット回線と比較しても通信速度が高速で、ノートパソコンなどを使ったテレワークの仕事にもおすすめの大容量ポケット型WiFi。5Gの高速通信を利用したい方におすすめのルーター端末です!

WiMAX・auの4G LTE回線に接続可能で下り最大通信速度440Mbps対応のWX06端末も

WiMAXモバイルルーターWX06
2020年発売!下り最大速度440Mbps対応
WiMAXモバイルルーター・WX06機種

WiMAXのモバイルWiFiルーター端末にはNEC製のWiMAXモバイルWiFiルーターWX06機種もあり、口コミでも評判の人気機種。WiMAX回線とauの4G LTE回線に接続可能で下り最大速度440Mbps、上り最大通信速度75Mbps対応の端末で、月間データ通信容量無制限のギガ放題プランが月額料金約4,000円と比較的安い点もテレワークにおすすめの理由です。
 
5G対応エリアの圏外や地方で利用予定の方には、ポケット型WiFiルーターWX06機種も在宅勤務・テレワークにおすすめです。

WiMAXのWX06は口コミの評判も良いNEC製のポケット型WiFiルーター製品

WiMAXのWX06はNEC製の製品で国産ルーターで安心との評判が多い点も特徴で、テレワークにもおすすめ。実際にWiMAXのWX06を使用中の方からも良い評判で、実測30Mbps以上など十分な速度との口コミも多いポケット型WiFiルーター端末です。

WiMAXのギガ放題プランを契約、月間通信量無制限で月額料金も安い

ポケット型WiFi・WiMAXの利用料金は契約プロバイダで違いますが、最安プロバイダの契約なら、月間データ通信量無制限のギガ放題プランや5G対応プランのギガ放題プラスを実質月額料金4,000円前後と安い料金で利用可能な点もメリットです。
 
一部プロバイダではキャッシュバックキャンペーン特典もあり、モバイルWiFiルーターが新規契約後に即日無料発送の点も、テレワークや在宅勤務のポケット型WiFiにWiMAXの契約をおすすめする理由です。

WiMAXのデメリット・注意点は対応エリアと3日間で15GBまでの制限

テレワーク用にポケット型WiFi・WiMAXを契約するデメリット・注意点が、対応エリアと3日間で15GB(ギガ放題プランの場合は3日間で10GB)までの通信容量制限。テレワーク中の自宅でau回線やWiMAX回線の電波に接続できるか契約前のエリア確認が重要で、東京・大阪など都市エリアはWiMAXの電波に接続しやすい一方、地方は電波の弱い場所もあり利用に注意が必要です。
 
またWiMAXの5G対応プラン・ギガ放題プラスは月間データ通信容量無制限の一方、3日で15GBまで(Zoomの標準ビデオ通話で約40時間分相当)の通信量制限があり、超過時の速度制限に注意が必要。ただし速度制限時間帯は夕方18時から午前2時までの8時間で、テレワークの業務で使う日中時間帯は通常速度で利用でき、大きなデメリットでない場合もあります。

契約はルーターが最短即日・無料発送のGMOとくとくBBかBroad WiMAXがおすすめ

GMOとくとくBB vs Broad WiMAXテレワーク用にポケット型WiFi・WiMAXを契約する場合、通信量無制限のギガ放題プランの料金が安い、キャッシュバックなどのキャンペーンがあるプロバイダで、かつルーター端末が最短即日発送で送料無料のプロバイダがおすすめです。
 
この条件に合うおすすめプロバイダがGMOとくとくBBとBroad WiMAX(ブロードワイマックス)。どちらも新規契約後、ルーター端末の最短即日発送がメリットのプロバイダで、急なテレワーク・在宅勤務にも対応できます。

ただし、GMOとくとくBBはキャッシュバックキャンペーンで実質負担価格が安いプロバイダで、キャッシュバック特典の受け取りに注意が必要。当サイトでは月額料金が他社と比較して安いBroad WiMAX(ブロードワイマックス)の契約をテレワーク用にもおすすめします。

WiMAXのホームルーターSpeed Wi-Fi HOME 5G L12~下り最大速度2.7Gbps対応の据え置き型

Speed Wi-Fi HOME 5G L12
2021年発売!WiMAXの5Gホームルーター
Speed Wi-Fi HOME 5G L12

高速な通信速度がおすすめのWiMAXですが、テレワーク中のWiFiルーターの使用が自宅のみで、自宅に安定したインターネット環境を早く、安く導入したい場合、WiMAXの据え置き型ホームルーター端末の利用もおすすめ。固定回線と比較して回線開通工事が不要で、コンセントの接続だけでインターネット通信可能な点がテレワークにホームルーターを契約するメリットです。
 
WiMAXのホームルーター最新機種Speed Wi-Fi HOME 5G L12は、WiMAX回線とauの4G LTE・5G回線に対応、下り最大速度2.7Gbps・上り最大速度183Mbpsの高速ルーター端末。モバイルWiFiルーターと比較して据え置き型のホームルーター端末は自宅の広い範囲で電波を受信、WiFiでインターネット接続可能で家族と共用も可能。在宅勤務・テレワークにもおすすめと口コミの評判も良い端末です。

WiMAXのホームルーター端末も、ギガ放題プラスの契約で月間データ通信量無制限で利用可能で、テレワークのネット環境で固定回線との比較で悩む方にもおすすめです!

最新の暗号化規格WPA3に対応、テレワークのセキュリティ面も安全

WiMAXのホームルーターをテレワークにおすすめする理由の1つがセキュリティ面。最新機種はauの5G回線に接続可能な上、最新無線LAN規格Wi-Fi6にも対応した高速データ通信がメリットですが、さらに最新の無線LAN暗号化規格・WPA3に対応し、従来のホームルーター端末と比較して強化されたセキュリティもおすすめ理由です。
 
WiMAXのホームルーター最新機種なら、在宅勤務・テレワーク中の自宅ネット環境がセキュリティ面でも安心でおすすめです。

おすすめのBroad WiMAX(ブロードワイマックス)の場合、即日店舗受け取りも可能

なお、当サイトおすすめのWiMAXプロバイダ・Broad WiMAX(ブロードワイマックス)で契約する場合、モバイルWiFiルーターに加えてホームルーター端末も選択可能で、新規契約時に最短即日で無料発送。届け先により最短翌日に端末が届き、急ぎのテレワークにもおすすめです。
 
また他のWiMAXプロバイダと比較して、Broad WiMAXは東京・大阪・名古屋にあるルーター受け渡し専用の店舗で申し込み即日で受け取り可能な点もメリット。急なテレワーク・在宅勤務でポケット型WiFiを契約する場合、端末受け取りまでの時間が早く月額料金も安い上、5G対応のモバイルルーター・ホームルーター最新機種も選択可能なBroad WiMAX(ブロードワイマックス)がおすすめです!

【高速・無制限でテレワークにおすすめ】

ソフトバンク・ドコモ・auのLTE回線利用の大容量ポケット型WiFi・Mugen WiFi

Mugen WiFiのロゴ高速通信が魅力のポケット型WiFi・WiMAXが当サイトのおすすめですが、テレワーク中の利用エリアや自宅などの利用場所がWiMAXやau 5G回線の圏外エリアの場合、WiMAX以外のポケット型WiFiの検討も必要です。ポケット型WiFiサービスは多い一方、おすすめはソフトバンク・ドコモ・auのLTE回線を利用可能な月間データ通信量100GBのポケット型WiFi・Mugen WiFi。
 
WiMAXと比較して下り最大速度150Mbps対応と遅い通信速度や、端末がレンタル扱いで解約時に返却が必要な点がデメリットですが、3日間でデータ通信量10GBまでの制限なしで利用できる点がメリットで、Mugen WiFiは同様の大容量ポケット型WiFiと比較して安い月額料金もテレワーク向けにおすすめの理由です。

月間データ容量100GBが月額3,450円と安い料金がテレワークにもおすすめ

テレワーク用のポケット型WiFiにMugen WiFiがおすすめの理由の1つが、月間データ容量100GB制限のプランが実質月額料金3,450円(税込)と安い点で他の100GBプランのポケット型WiFiと比較して最安級の料金。契約期間2年ですが、違約金無料でいつでも解約可能な契約期間の縛りなしプランも申し込み可能(月額料金4,378円)で、短期のテレワークやリモートワークにもおすすめのポケット型WiFiです。

繋がりやすいソフトバンクなどの4G LTE回線ネットワークを使うポケット型WiFi

またMugen WiFiのもう1つのおすすめ理由が、ソフトバンク・ドコモ・auの4G LTE回線ネットワークエリアに対応、電波が繋がりやすい点。テレワークや在宅勤務の場所がソフトバンクなどのスマホや携帯で電波受信が可能な場所なら、Mugen WiFiのポケット型WiFiルーターも利用可能で、WiMAXと比較して地下などでも繋がりやすい通信がメリットです。
 
また当サイトおすすめのBroad WiMAXと同様に端末の最短即日発送に対応、急なテレワーク・在宅勤務の場合でも契約申し込み後にすぐ端末が届きます。3,000円台で利用可能な安い月額料金プランも人気・おすすめのポケット型WiFiです。

通信速度より電波の繋がりやすさ重視の場合やWiMAXの圏外エリアで利用予定の場合、ドコモ・ソフトバンク・auのLTE回線の電波を安い月額料金で月間100GBまで利用可能なポケット型WiFi・Mugen WiFiがテレワークにおすすめです!
【テレワークにおすすめの大容量WiFi】

※Mugen WiFiについては、別記事「Mugen WiFiの評判・口コミ~他のポケット型WiFiとの比較やメリット」でも詳しく解説中です。

WiMAXのモバイルルーターと比較して速度がやや遅い点がデメリット

モバイルルーター端末・U3機種
Mugen WiFiで利用するモバイルルーターU3機種

一方、Mugen WiFiで使用するモバイルルーターU3機種は下り最大速度150Mbps、上り最大速度50Mbpsと、WiMAXのモバイルルーターとの比較で遅い通信速度はデメリット。テレワークの仕事で回線速度を重視する場合はWiMAXの高速モバイルルーターの使用がおすすめです。
 
なおポケット型WiFiルーターの在庫不足で、発送に時間がかかる場合も。その場合は当面のテレワークにまずWiMAXなどポケット型WiFiの短期レンタルもおすすめです。

2022年5月、急ぎで仕事用のテレワーク・リモートワーク環境が必要な方へ

テレワーク用のWiFiインターネット環境を最短で用意する方法

テレワーク・リモートワーク用のポケット型WiFiの比較ポイントや、おすすめサービスを紹介しましたが、中には急ぎで仕事用に自宅のインターネット環境が必要な方も。以下、当サイトおすすめの最短でテレワーク・リモートワーク用のインターネット環境を導入する方法を、2022年5月の最新情報で紹介します。

テレワーク・リモートワーク向けのおすすめポケット型WiFiの選び方

テレワーク期間が3ヶ月以上の長期の場合や在宅勤務を機にポケット型WiFiを契約する場合は通信速度が高速なポケット型WiFi・WiMAX(ワイマックス)がおすすめ。テレワーク・リモートワーク期間が1~2ヶ月の短期の場合はポケット型WiFiルーターの短期レンタルサービスもおすすめです。

当サイトのキャンペーンを利用、最短即日発送のBroad WiMAXを契約

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)の料金プラン
当サイトおすすめのBroad WiMAXは
月額2,000円台からインターネットを利用可能

テレワーク用のおすすめポケット型WiFiで紹介した通り、端末の最短即日発送に対応したBroad WiMAXの契約がおすすめ。モバイルWiFiルーター最新機種Speed Wi-Fi 5G X11やホームルーター最新機種Speed Wi-Fi HOME 5G L12を無料提供中で、月間データ通信量無制限のギガ放題プラスを月額料金2,090円~(税込)で利用でき、当サイト経由の申し込みの場合は当サイト限定Amazonギフト券キャッシュバックキャンペーンも利用できます。

テレワーク・リモートワーク向けで高速な通信速度かつ月間通信容量無制限で利用できるポケット型WiFiがWiMAXで、おすすめの契約プロバイダが月額料金プランが最安級のBroad WiMAX(ブロードワイマックス)。キャンペーンやサービス内容の詳細は下記ページでご確認ください!
【高速・無制限でテレワークにおすすめ!】

電波受信などに問題がある場合、初期契約解除制度を申請して解約可能

WiMAXの契約で重要なエリア確認ですが、本来はテレワークやリモートワークの前にルーター端末の無料お試しサービス・Try WiMAXを利用、電波の受信確認がおすすめ。ただし時間が無い場合はまずBroad WiMAXを契約、ネット接続に問題があれば初期契約解除を申請して解約可能で、違約金などの心配はありません
 
初期契約解除制度は電気通信事業法令の制度で、契約後8日以内は利用者の都合で回線契約を解除可能。契約事務手数料は返金されませんが、途中解約の違約金は支払い不要です。

テレワークで早くポケット型WiFiルーターが必要な場合はWiMAXを契約、電波受信に問題があれば8日以内に解約、高額な費用負担の心配はありません

テレワーク用に大容量ポケット型WiFi・Mugen WiFiの契約もおすすめ

Mugen WiFiテレワーク中の自宅などの利用場所でWiMAXの電波が不安定な場合、すぐにポケット型WiFi・Mugen WiFiの契約への切り替えがおすすめ。Mugen WiFiも最短契約即日の端末発送に対応、WiMAXと同様の据え置き型ホームルーター端末は選べませんが、モバイルルーター端末が新規契約時に無料提供もメリットです。
 
対応エリアの広いソフトバンクやドコモ、auのLTE回線の電波を使えるポケット型WiFiで接続の問題が比較的少なく、通信速度がやや遅い点を除けばテレワーク用にMugen WiFiの大容量・月間データ量100GBプランの利用もおすすめです。

Mugen WiFiには利用開始後30日間の全額返金保証もあり、最悪の場合は違約金なしで解約可能で口コミの評判も良い人気ポケット型WiFi。サービス詳細は公式サイトでご確認ください!
【月間100GBプランがテレワークにおすすめ】

※Mugen WiFiについては、別記事「Mugen WiFiの評判・口コミ~他のポケット型WiFiとの比較やメリット」でも詳しく解説中です。

短期テレワークなら契約期間の縛りなしで使えるポケット型WiFiレンタル

テレワークが2週間や1ヶ月など短期の場合、契約期間の縛りなしで使えるWiFiレンタルサービスの利用がおすすめ。ソフトバンクのポケット型WiFiルーターやWiMAXの端末は1ヶ月5,000円~6,000円の費用でレンタル可能で、端末の即日配送に対応するサービスもあり、急なテレワーク・在宅勤務にもおすすめです。

ポケット型WiFiレンタル最大手!ルーター機器が即日発送のWiFiレンタルどっとこむ

当サイトおすすめのポケット型WiFiの短期レンタルサービスが「WiFiレンタルどっとこむ」。東京商工リサーチによる国内WiFiレンタルサービスの調査でNO.1評価の最大手サービスで、ルーター機器在庫も豊富。即日発送対応で端末到着までの時間も早く短期のテレワークにおすすめです。WiMAXのモバイルWiFiルーター・ホームルーターのほか、ソフトバンク回線を利用するポケット型WiFiもレンタルできます。

テレワークにおすすめのポケット型WiFiルーター機種 1ヶ月のレンタル費用(税込)
WiMAX 5G X11(モバイルルーター)・HOME 5G L12(ホームルーター)
※5G対応で高速・月間容量無制限でテレワークにおすすめ、ただし3日15GB制限
9,210円(当サイト特別価格)
WiMAX WX06(モバイルルーター)・HOME 02(ホームルーター)
※WiMAX・au 4G LTE回線対応のWiFiルーター・月間容量無制限
8,050円(当サイト特別価格)
SoftBank 501HW・E5383など
※ソフトバンク通信エリア対応・無制限
5,720円(当サイト特別価格)

当サイト・WiMAX比較ナビ経由でWiFiレンタルどっとこむ公式サイトの特別ページにアクセスすると、テレワーク用のポケット型WiFiを特別価格でレンタルできます。

【短期ポケット型WiFiレンタルのおすすめ】

※ただしテレワークで長期利用の場合、レンタル利用は費用が高いため、WiMAXやポケット型WiFi・Mugen WiFiの契約がおすすめです。

契約期間1ヶ月単位!レンタル利用にもおすすめのゼウスWiFi

ZEUS WiFi短期のテレワークや在宅勤務では上記レンタルサービスのほか、ポケット型WiFiサービス・ゼウスWiFi(ZEUS WiFi)もおすすめ。1日単位で利用できるレンタルと比較して月単位のレンタル利用ですが、契約期間の縛りなしプランで契約するといつでも違約金無料で解約可能な点がメリットです。また契約期間のあるWiMAXのプロバイダ契約と比較して、当面のテレワーク・在宅勤務におすすめのポケット型WiFiです。

さらにMugen WiFiと同様、3キャリアのLTE回線を利用できる対応エリアの広いポケット型WiFiで、月間データ通信容量20GBや40GBを安い月額料金で利用できる点もメリット。テレワークでポケット型WiFiが必要だが安い料金で使用したい方や、通信容量は少なくて良い場合はゼウスWiFiがおすすめのポケット型WiFiです。

テレワークにおすすめのポケット型WiFiルーター機種 料金プランと月額費用
U3(ドコモ・ソフトバンク・auのLTE回線の対応エリアで使用可能) 契約期間の縛りなし・月間20GB制限プラン:2,618円
契約期間の縛りなし・月間40GB制限プラン:3,278円
【月間20GBを格安利用金で利用できる】

※ゼウスWiFiについては、別記事「ポケット型WiFi・ゼウスWiFiの評判・口コミと最新料金プラン」でも詳しく解説中です。

テレワーク・在宅勤務用のポケット型WiFiについてよくある質問

最後にこのページのまとめとして、テレワーク・在宅勤務用のポケット型WiFiについてよくある質問を紹介します。

テレワーク・在宅勤務中のインターネット環境のおすすめは?

テレワーク・在宅勤務中の自宅ネット環境にはフレッツ光などの固定回線もおすすめですが、回線工事に時間や費用がかかり、自宅でしか使えません。その点、WiMAXなどのポケット型WiFiルーター契約は回線工事不要ですぐにネットを使える上、自宅だけでなくカフェなどでもテレワーク勤務が可能。特に急ぎの場合はポケット型WiFi契約がおすすめです。

テレワーク・在宅勤務でポケット型WiFiを契約する場合のおすすめは?

テレワーク・在宅勤務でポケット型WiFiを契約する場合、快適なビデオ会議などに必要な通信速度・データ容量のポケット型WiFi契約がおすすめ。長期契約を含めて検討中の場合は、WiMAXの月間通信量無制限プラン・ギガ放題の契約がおすすめで、また短期のテレワーク・在宅勤務の場合はポケット型WiFiのレンタル利用も可能です。

契約期間の縛りなしでWiMAXやポケット型WiFiをレンタル利用できる?

WiMAXなどポケット型WiFiルーターの契約は契約期間2年や3年の縛りがあり、短期のテレワークには不向き。1日単位でポケット型WiFiを利用できるレンタルサービスや、1ヶ月単位でポケット型WiFiをレンタル利用、いつでも無料で解約可能なゼウスWiFiの利用がテレワークにおすすめです。

以上、テレワーク中のインターネット環境やおすすめポケット型WiFiについて紹介しました。テレワーク・在宅勤務を快適にするため、Broad WiMAXやMugen WiFiのポケット型WiFiルーター契約やレンタル利用をご検討ください!

2022年4月当サイト限定WiMAXキャンペーン

CTA-IMAGE 2022年4月現在、当サイト・WiMAX比較ナビと公式プロバイダ・Broad WiMAXでAmazonギフト券によるキャッシュバックキャンペーンを実施中!WiMAXの契約は月額料金が安いBroad WiMAXがお得、またBroad WiMAXの契約は当サイトがおすすめ。当サイト限定&期間限定キャンペーンをお見逃しなく!
2022年4月当サイト限定キャンペーン!
Broad WiMAX申し込みでAmazonギフト券キャッシュバック!